生理中のアルコールは絶対禁忌…ってほんと?

アルコール

少量であれば効果的!少量のアルコールを生理痛緩和に活用

女性にとって生理痛というものは、憂鬱なもの以外の何物でもありません。生理だけでも憂鬱なのに、生理痛が酷いと益々憂鬱になってしまいます。
特に、生理痛の重い人にとっては生理痛の緩和というものが気になる事柄なのではないでしょうか。

生理中には、生理痛を促進してしまったりなどの理由により、その期間中はあまり口にしない様が良い飲食物というものがいくつかあります。

その代表的なものの一つが、アルコールです。
アルコールは、生理痛を悪化させてしまう恐れがある事と、血行が促される事によって経血の出血量が増えてしまう事が心配される事から、生理中には控えた方が良いとされています。

しかし、最近では「少量のアルコールが逆に生理痛緩和に効果を発揮する」という事が分かってきました。それは一体どういう事なのでしょうか。
ここでは、少量のアルコールがいかに生理痛緩和に効果を発揮するのか、そのメカニズムについて詳しくご紹介していきます。

アルコールと生理の関係

生理痛緩和のメカニズム

生理というものは、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンのバランスにより、子宮にある経血が子宮収縮の働きにより体外に排出されて起こります。その際の子宮収縮の働きが、生理痛を引き起こしています。
ホルモンバランスが乱れていたり、子宮内の子宮内膜の状態が悪く経血量が多かったりすると、ひどい生理痛を引き起こしてしまう場合もあるのです。
そこで、そうした悪影響を少しでも軽減する為には、まず食生活に気を付ける必要があります。血管や子宮を収縮させたり、ホルモンバランスを乱してしまうような作用のある飲食物に関しては、生理中に控えた方が良いとされています。

その中で、特に注意すべきなのがアルコールです。

アルコールを体内で分解する際にはビタミンBとマグネシウムが消費されるのですが、ビタミンBはホルモンバランスを乱れやすくしてしまったりする恐れがあり、またマグネシウムは減少すると貧血を誘発してしまう危険があります。ですから、生理中はアルコールを控える事が勧められてきました。

しかし、最近ではアルコールも少量であれば逆に生理痛緩和に効果があると言われています。
アルコールには身体を温める作用があり、身体を温める事で心身共にリラックスし、血行も促進してくれます。そうする事で、生理痛緩和に効果を発揮してくれるのです。

 

少量のアルコールの摂取方法は?

まず、生理中に摂取するアルコールは必ず少量である事が大切です。グラス1杯程度のアルコールを、ゆっくり時間をかけて楽しむのが良いでしょう。

そして、その際には冷たい状態で摂取するよりも温かいものを飲む方が良いとされています。冷たいアルコールは身体を冷やしてしまい、生理痛を悪化させてしまう恐れがあるからです。
ですから、少量のアルコールをホットでゆっくり楽しむというのが、一番お勧めの摂取方法です。

女性でも飲みやすい、ホットワインやホット梅酒、フルーティーなホットサングリアなどを1杯だけ楽しむというのはいかがでしょうか。

ホットワイン

少量のアルコール摂取のポイント

決して多く飲み過ぎない事

生理中は、いつもの身体の状態とは違います。
いつもはお酒に強いという人でも、生理中は決して多量のアルコールを摂取しない様にしましょう。生理中には体内の代謝機能も低下しているので、アルコールを分解する為の臓器である肝臓にも大きな負担が掛かってしまいます。勿論、多量のアルコールは生理痛も悪化させてしまう恐れがありますから、摂取量には注意が必要です。

アイスではなくホットで!

生理痛緩和のポイントの一つに「身体を冷やさない事」というものがあげられます。
冷える事により、体内の血液がうっ血して経血の排出を邪魔してしまうからです。ですから、アルコールを少量摂取して生理痛緩和を試みる場合も、是非アイスではなくホットドリンクとして飲む事をお勧めします。そうする事で、身体を温め血行を促進してくれるのです。

他の持病がある人は要注意

いくら「少量のアルコールが生理痛を緩和してくれる」とはいっても、他に持病を抱えている人にとってはハイリスクな行動です。
特に高血圧や心臓、肝臓などに持病がある人にとって、アルコール摂取は時に命に関わる事もあります。
ですから、他の持病がある人にこの生理痛緩和の方法はお勧めできません。どうしても試してみたい人は、主治医の判断を仰いだ上で試してみるようにして下さいね。

 

まとめ

以上が「少量のアルコールで生理痛を緩和するメカニズム」ですが、皆さんはいかがでしょうか?
先程も述べていますが、摂取するアルコールの量はあくまで「少量」であるという事を忘れないで下さいね。
生理中のアルコールの摂り過ぎは、逆に生理痛を悪化させる恐れがあります。生理中でイライラした気持ちをゆったりリラックスさせるつもりで、ホットワインなどを少しだけ楽しむ…そんな感覚で試してみるのが一番です。
皆さんも、興味があればやってみて下さいね。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

冷え取りで温活

からだの冷えをとるために有効な8つの習慣

現代人で冷え性に悩む人はとても多いです。 36.5℃~37℃が理想の体温ですが、低い人なら35度台も珍しくありません。 冷えは万病のもと…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る