薬ばかりに頼らない!生理痛を緩和するのに良い成分とは?

生理痛 にいい成分

生理痛を緩和するのに良い成分を、多数ご紹介します!

生理痛を緩和するのに良い成分について

女性である以上、切っても切れない関係である「生理」との関係。
皆さんは、生理中や生理前後の期間をどの様に過ごしていますか?
経血の出血や腰痛など、生理の時には憂鬱な事が沢山あります。
そんな生理時の不調の中でも、一番の悩みの種と言われているのが「生理痛」です。
生理痛には個人差があり、生理痛の酷い人になると辛い痛みで起き上がる事さえままならない…なんていう人も少なくありません。
生理痛とは、一体どの様なメカニズムで起こるのでしょうか?
また、どうして生理痛には個人差があるのでしょうか?
悩む女性
生理痛は、私達女性の身体の中で分泌されている「プロスタグランジン」というホルモンが過剰分泌される事により起こります。
この「プロスタグランジン」というホルモンは、子宮を収縮させる働きを促すホルモンです。
このホルモンがきちんと分泌される事で、子宮が収縮し経血の排出をスムーズにしてくれます。
しかし、このプロスラグランジンが過剰分泌されると、子宮収縮の働きが強くなり、酷い生理痛を引き起こしてしまうのです。
では、どうしてプロスラグランジンの過剰分泌が起こってしまうのでしょうか?
このホルモンが過剰に分泌される原因は、主に身体の冷えとストレスだと言われています。
身体の冷えは、日常生活の習慣や食生活の乱れからも引き起こされます。
暑い季節に冷房に当たり過ぎたり、冷たいものばかり摂り過ぎても身体が冷えますし、甘いものや、特に白砂糖を多く使った食品は冷えを誘発してしまう事が分かっています。
身体が冷えると、全身の血行が悪くなり子宮収縮の働きが悪くなってしまうのです。
ですから、そうした食べ物を控えていくだけでも冷えが改善して生理痛が緩和されていきます。
また、心身共に過剰なストレスがかかることも良くありません。
ストレスは自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経のバランスが乱れると、女性ホルモン分泌のバランスが崩れてしまいます。
その結果、子宮の働きが低下して生理痛も酷くなってしまうのです。

生活習慣の乱れやストレスの度合いには、当然ながら個人差があります。
そういう訳ですから、生理痛と一口に言ってもその辛さには大きな差が生じてくるのです。
基礎体温計
ここまで生理痛のメカニズムについてお話してきましたが…
皆さんは、実際に生理痛が酷い時にどの様な対応をしていますか?
痛みが酷い時には鎮痛剤を飲んで、横になって休んでやり過ごしている…という人が殆どではないのでしょうか。
しかし、それはあくまで「対症療法」であり、根本的な解決にはなっていません。
本当に生理痛を緩和したいと思ったら、薬ばかりに頼っていてはいけないのです。
そこで是非注目したいのが「生理痛緩和に良い成分」というものです。

先程からお話している様に、生理痛は「プロスタグランジン」というホルモンの過剰分泌により起こります。
ですから、その過剰分泌を抑える事が出来れば生理痛は緩和されていくのです。
その為には、プロスタグランジンの過剰分泌を誘発する身体の冷えやストレスを緩和し、またホルモンバランスを整える事が必要になります。
これらの事を可能にしてくれる成分こそが、まさに「生理痛の緩和に良い成分」と言われるものなのです。

アーモンドを食べる女性

生理痛に良い成分とは何なのか?

では、具体的に「生理痛に良い成分」とは何なのでしょうか?
前項でも述べていますが、生理痛に良い成分にはいくつかの条件があります。

  • 身体の冷やさない、または冷えを緩和する成分
  • 心身にかかるストレスを緩和する成分
  • 女性ホルモンのバランスを整える成分
  • 自律神経のバランスを整える成分

以上の条件のいずれかに当てはまる成分が「生理痛に良い成分」だと言われています。
ここからは、それらの「生理痛に良い成分」について詳しくご紹介していきたいと思います。

まず第一に「身体を冷やさない、または冷えを緩和する成分」です。
身体が冷えると生理痛を酷くしてしまう女性ホルモン「プロスタグランジン」の過剰分泌が引き起こされてしまいます。
ですから、時期を問わず出来るだけ身体を冷やさない様にする必要があるのです。
「冷え」は冬だけではなく、むしろ冷房の中で過ごす機会が増える夏の方が深刻だと言われています。
生理痛を緩和するためには、夏こそ「冷え」を意識した対策を講じていきましょう。
冷房の中で過ごす時には、上着を一枚羽織るなどの外的な要因に対する注意も大切ですが、冷え対策になるような食べ物・飲み物を摂取する事で、生理痛緩和を目指す事も重要です。
身体を冷やさないためには、白砂糖を使った食品を控え、生姜やナッツ類などの冷えを緩和する食べ物を積極的に摂ると良いでしょう。
時には、少量のアルコールも冷えを緩和するのには良い成分だと言われています。
イライラする女性
次に、ストレスを緩和する事も生理痛を和らげるためには大切な事です。
心身共に、出来るだけストレスがかからないように、またかかったストレスを解消できるように生活していく必要があります。
どうしてもストレスを感じてしまう場合には、自分なりの方法で良いですからストレスを和らげてあげましょう。
ここでお勧めしたいのが、アロマやハーブなどの自然療法です。
アロマやハーブには、生理痛の緩和に良い成分が含まれているものが多数あります。
何より、アロマやハーブが持つ癒しの効果には、心身にかかるストレスを和らげてくれる力があります。
こうしたものを活用して、ストレスフリーな生活を心掛ける事で、生理痛を緩和する事が出来るのです。

また、自律神経や女性ホルモンのバランスをきちんと整えておくことも、生理痛の緩和にはとても大切な事です。
生理痛は、女性ホルモンの働きに左右される現象です。
ですから、ホルモンの分泌に大きな影響を及ぼす自律神経の働きを整え、ホルモンの分泌バランスを整えていく事で、生理痛を緩和する事が出来ます。
例えば、生理中には不足しがちな女性ホルモン「エストロゲン」を補填する事で生理痛が緩和される事が分かっていますので、エストロゲンに似た成分である大豆イソフラボンやオメガ3等の成分を摂取するのもお勧めです。
また、最近話題のプラセンタ療法にも、ホルモンバランスを調整したり血行を促進するなど、生理痛の緩和に良い影響があると言われています。
こうした成分を上手に生活に摂り入れていく事で、生理痛が緩和されていくのです。

このように「生理痛に良い成分」とは何なのかをきちんと知っておくと、体質を改善して生理痛が酷くならない身体を作っていく事が出来ます。
具体的にどのような成分が良いのかを、正しく理解しておくことが大切なのです。

若返り作用

 

生理痛は何に気をつければいいのか?

生理痛にこそ効果的!話題のプラセンタ、美容以外の活用法

生理痛を緩和する方法や、生理痛の緩和に良い成分を摂るなど、様々な手段や方法が注目されていますが、その中でも特に最近クローズアップされているのが「プラセンタ療法」です。
元々、アンチエイジングケアや更年期障害の治療などに大変有効だといわれ活用されていたプラセンタ療法ですが、最近の研究から、プラセンタに含まれる成長促進因子「グロスファクター」という成分に生理痛を緩和する効果がある事が分かってきました。
この成分にはホルモンバランスを整えたり、血行を促進してくれる働きがあります。
なので、プラセンタ療法で生理痛を緩和する事が出来るのです。
そのメカニズムや摂取方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

豚プラセンタ

生理痛にこそ効果的!話題のプラセンタ、美容以外の活用法

 

オメガ3の素晴らしい効果で生理痛緩和!

皆さんは「オメガ3」という言葉を耳にした事がありますか?
オメガ3は、ある特定の食用油に含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
このオメガ3は必須脂肪酸であるものの、私達の身体の中で作り出す事が出来ない成分です。
ですから、オメガ3成分が含まれる、俗に言う「オメガ3系」の油を摂取する事で身体の中に摂り入れる必要があるのです。
またオメガ3には、中性脂肪を抑えて女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
特にこのホルモンバランス調整の働きが、生理痛緩和に良いとされているのです。
こちらでは、オメガ3系の油が私達の身体の中にどのような良い働きをもたらしてくれるのか、またお手軽な摂取方法などについても詳しくご紹介していきます。

オメガ3

オメガ3の素晴らしい効果で生理痛緩和!

 

どれが一番効果的?生理痛の緩和に有効なビタミンをご紹介

野菜や果物、肉や魚など…様々な食品に含まれる成分、それがビタミンです。
ビタミンにもいくつか種類がありますが、その中でも「ビタミンB6」と「ビタミンE」が生理痛の緩和に良い成分である事が分かりました。
ビタミンB6には女性ホルモンの分泌バランスを調整する作用があり、ビタミンEには女性ホルモンの生成を促し生殖機能を助成する働きがあります。
これらの作用が、生理の時は特に乱れがちな女性ホルモンのバランスを整え、必要な時に必要な女性ホルモンが生成してくれます。
ですから、こうしたビタミンをしっかり摂取する事で生理周期が安定するだけではなく、生理痛の緩和も期待できるのです。
ここでは、生理痛緩和に良いとされるビタミンが含まれる食品や、有効な摂取方法などについてご紹介したいと思います。

野菜

どれが一番効果的?生理痛の緩和に有効なビタミンをご紹介

 

栄養不足が生理痛を加速させる?鉄分を補って生理痛緩和!

生理痛を少しでも緩和したと思った時に、是非気にかけて頂きたいのが食生活の改善です、毎月生理によって経血を排出しなければならない女性にとって、特に気にかけて摂取してほしい栄養素…それが「鉄分」です。
鉄分は、血液は勿論、女性ホルモンの生成にも必ず必要な栄養素の一つだと言われています。
しかし、女性の中には「美しくなりたい」一心で過度なダイエットをしてしまう人も少なくありません。
そうした事の影響で身体の中の栄養不足状態が続くと、体内の鉄分量が減少して女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事もあるのです。
そこでここでは、ただ貧血を心配するだけではない「生理痛緩和」と鉄分の関係を詳しくご紹介していきたいと思います。

鉄分を含む食材

栄養不足が生理痛を加速させる?鉄分を補って生理痛緩和!

 

美味しい大豆で生理痛緩和!イソフラボンの効果をご紹介。

テレビや雑誌などでも話題になった、女性の身体にとても良い成分だと言われる「イソフラボン」。
皆さんは、このイソフラボンが女性の身体にどの様な良い効果をもたらしてくれるのか御存知でしょうか?
イソフラボンの中でも、特に大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」には、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれる成分が多く含まれています。
エストロゲンは、生理の時に特にバランスを崩しがちなホルモンでもあります。
ですから、このイソフラボンで減少したエストロゲンを補う事で、生理痛を緩和する事が出来るのです。
そこでここでは、私達に日本人には欠かせない豆腐や納豆、味噌や醤油などの大豆製品に含まれる「イソフラボン」で、どのように生理痛が緩和出来るのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

大豆食品

美味しい大豆で生理痛緩和!イソフラボンの効果をご紹介。

 

美味しく癒される…生理痛が緩和出来るハーブをご紹介!

癒し効果も高く、女性に人気のあるハーブ。
このハーブの中にも、生理痛の緩和に良い成分が含まれている事が分かっています。
ハーブとは、自然の中にある薬効成分を含んだ植物の事で、日本国内では主にハーブティーなどのお茶として楽しまれています。
日本国内でハーブティーとして楽しめる30種類以上のハーブの中には、特に生理痛の緩和に良い作用だち言われる鎮痛作用や血行促進作用、また子宮や骨盤周囲の筋肉にダイレクトに働きかける作用が含まれるものもあります。
それらのハーブをハーブティーとして摂取する事で、辛い生理痛を緩和する事も出来るのです。
ここでは、どのようなハーブが生理痛の緩和に良いのか、またハーブティーとしての楽しみ方についてもご紹介していきます。

生理痛緩和ハーブ

美味しく癒される…生理痛が緩和出来るハーブをご紹介!

 

大地のエネルギー溢れるマカで、生理痛を緩和!

生理痛の緩和に良い成分として、様々なものがあげられていますが…
そんな数多くの成分の中でも、最近日本国内で注目されているものに「マカ」というものがあります。
皆さんは、マカという植物を御存知でしょうか?
マカは、南米ペルーが原産のアブラナ科の植物です。
昔からペルーでは、マカが滋養強壮や体質改善に効果のある食べ物として親しまれており、今でも根の部分を調理して食べているそうです。
そんなマカには、特に女性ホルモンの分泌を整える作用が多く含まれており、最近では日本国内でも様々な形で摂取できるようになりました。
そこでここでは、皆さんにマカの栄養成分や生理痛緩和のメカニズム、また日本国内での摂取方法を詳しくご紹介したいと思います。

マカ原料

大地のエネルギー溢れるマカで、生理痛を緩和!

 

海からのパワーで癒される!DHAで生理痛が緩和出来ます

少し前には「頭が良くなる成分」として、メディアを中心にとても話題になったDHA。
そんなDHAには、生理痛の緩和に良い成分も含まれているという事が分かってきました。
DHAには、生理痛を引き起こすホルモンとも言われる「プロスタグランジン」生成に必要な酵素を抑える働きがあるのいうのです。
このプロスタグランジンの過剰分泌を抑える事が出来れば、生理痛を緩和する事も不可能ではありません。
その為には、DHAを効率よく摂取して身体の中に摂り込んでいく必要があるのです。
では、主に魚に含まれると言われるDHAを効率よく摂取する為にはどの様な方法があるのでしょうか?
生理痛緩和のメカニズムと合わせて、詳しくご紹介していきます。

DHA

海からのパワーで癒される!DHAで生理痛が緩和出来ます

 

海藻類にそんなパワーが?海藻を食べて生理痛を緩和!

私達日本人は、海に囲まれた島国で生活しています。
ですから、海で獲れる海藻類は私達に取って馴染み深い食べ物でもあります。
そんな海藻類にも、実は女性の生理痛緩和に良い成分が含まれている事を皆さんは御存知でしたでしょうか?
海藻類には、良好な生理に欠かす事の出来ないミネラルや鉄分が多く含まれています。
良好な生理を周期的に起こしていく事で、女性ホルモンのバランスが整い、生理痛が緩和されていきます。
ですから、食生活を改善して海藻類を日常的に摂取していく事で、生理痛の緩和やイライラを招くPMS等の症状も緩和されるのです。
では、海藻類をどのように摂取すると生理痛緩和に効果的なのでしょうか?
そのメカニズムも合わせて、こちらで詳しくご紹介していきたいと思います。

海藻類

海藻類にそんなパワーが?海藻を食べて生理痛を緩和!

 

生理中のアルコールは絶対禁忌…という訳ではありません!

本来、アルコールは生理中に摂取してはいけない成分だと言われています。
アルコールには、生理痛を悪化させる恐れがある他、血行を促進してしまう事で経血の出血量が増加する心配があるからです。
ですが、最近の研究からアルコールも少量の摂取であれば生理痛の緩和に良いという事が分かってきました。
それは一体どういう事なのでしょうか?
アルコールには、身体を温め心身をリラックスする作用があり、この作用が生理痛の緩和にも良いのではないかと言われているのです。
そこでここでは、少量のアルコールがどのように生理痛の緩和に良いのか、そのメカニズムをご紹介するとともに、どの様な摂取方法が、生理痛の緩和に対してより効果的なのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

アルコールを飲む女性

生理中のアルコールは絶対禁忌…という訳ではありません!

 

まとめ

生理痛を緩和するのに良い成分について、ここまで皆さんに詳しくご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか?
毎月辛い生理痛に悩む皆さんの参考になる成分はあったでしょうか?
生理痛は、病気ではありません。
しかし、生理痛はどうしても男性には理解の出来ない体調不良です。
会社などで男性と一緒に働く女性は数多くいるでしょうが、女性が生理痛で苦しんでいる時にその辛さを理解できる男性は少ないと聞きます。
ですから、女性は生理痛が酷い時にどうしても鎮痛剤などの薬に頼りがちになってしまうのです。
鎮痛剤も、長く常用すると身体に耐性が出来てだんだん効かなくなってきます。
サプリメント
そうするとより強い鎮痛剤を服用する事になるのですが、そうした強い鎮痛剤は副作用も強く、デリケートな女性の身体に大きな負担を掛けてしまうのです。
そこで、皆さんにここでご紹介した「生理痛の緩和に良い成分」を上手に活用して頂きたいと思っています。
薬ではない、こうした成分を摂取し上手に活用する事で、薬の様に副作用で身体に大きな負担をかけずに生理痛を緩和する事が出来ます。
様々な成分があり、どれがどの様に良い効果をもたらすのかは、やはり個人差があります。
ですから、ここでご紹介した生理痛の緩和に良い成分を自分自身に合った方法で試してみて下さい。
また、酷い生理痛や経血の出血過多は、婦人科系の病気が隠れている場合もありますから、こちらでご紹介した方法でも生理痛が緩和しなかった時には、是非医師の診断を受けてみる事をお勧めします。
いずれにしても、こちらの記事を参考にして頂き、多くの女性の皆さんが生理痛の苦しみから少しでも緩和されてますように願っています。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

腹痛

早く受診しよう、生理終わりのこんな症状は危険!

生理の終わりごろになると経血の色や量も変化し、はじめ頃と比べると大きな違いがあります。また、生理が終わりかけにも出血が止まらない場合には、不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る