生理痛緩和に効果!!大豆イソフラボンのパワー

大豆食事

イソフラボンで美味しく生理痛緩和!

女性であれば、誰もが一度は悩んだり苦しんだりした事のある「生理痛」 皆さんは、毎月生理痛でお悩みではありませんか?
生理痛には個人差があり、特に大きな体調の変化を感じない人もいる反面、酷い生理痛で毎月心身ともに憂鬱な想いをしている人も少なくありません
特に現代女性には、生理痛やPMSなどの女性特有のトラブルを抱えた人が多くいると聞きます。

皆さんは、そんな女性特有のトラブルを、身近な食材で改善出来るという話を耳にした事がありますか? そうです!
日本人の毎日の食卓には欠かす事の出来ない豆腐や納豆、味噌や醤油など…大豆製品に含まれる「イソフラボン」という成分が、生理痛の緩和に大きな効果があるという事が分かってきたのです。

生理痛緩和のメカニズム

女性が毎月お付き合いしている「生理」。
この生理が起きる為には主に二つの女性ホルモンの働きが関係しています。それは、エストロゲンとプロゲステロンです。女性らしい身体を作っているエストロゲンは、妊娠の為に必要なホルモンであるプロゲステロンと拮抗を保っています。しかし、排卵期以降から生理が来るまでの期間はプロゲステロンが増え、エストロゲンの量は減少します。エストロゲンの量が減少し過ぎてしまうと、生理の際の出血量も増え、生理痛も重くなってしまうのです。
そこで注目されているのが、大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」の効果です。イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれる成分が多く含まれています。ですから、このイソフラボンで減少したエストロゲンを補う事で、生理痛を緩和する事が出来るのです。

大豆イソフラボン

イソフラボンの摂取方法は?

私達日本人は、日常生活の中でよく口にする食品の中に、沢山の大豆製品があります。その中でも、一番手軽に摂取できるものは「豆乳」でしょう。
豆乳は、外出中や仕事中などでも手軽に飲めて、イソフラボンを摂取する事が出来ますのでお勧めです。また、イソフラボンを補う事が出来るサプリメントなども販売されていますから、そういったものを上手に活用して、日常の食生活にイソフラボンを摂り入れていく事が良いでしょう。

サプリメント瓶

イソフラボン摂取のポイント

摂り過ぎには十分注意する

いくら身体に良いといっても、摂り過ぎは良くありません。
特にイソフラボンに関しては、国の食品安全委員会によって摂取上限量が成人一人あたり一日70~75mgと提示されています。サプリメントなどを常用し過ぎてしまうと、この上限量を超えてしまいます。実際にイソフラボンの過剰摂取による健康被害なども報告されていますから、くれぐれも注意が必要です。

食生活を見直す。

女性に限らず、現代人はやはり「食の欧米化」が進んでおり、その事が生理痛などの女性トラブルを抱えた人を増加させているのではないかという懸念の声も聞かれています。
イソフラボンを多く含む食材というのは、基本的にヘルシーなものが多く、これらを多く摂取する事を心掛ける事が、結果食生活を見直す事に繋がります。そうする事で、生理痛緩和にも良い効果をもたらすと考えられるのです。

美肌効果も絶大!

女性らしさを作るエストロゲンに似た働きをするイソフラボン。
そのイソフラボンをきちんと摂取する事で、美肌にも効果がある事が分かっています。女性ホルモンのバランスがきちんと取れている事により、肌のターンオーバーの周期も乱れず、くすみの無い肌が生まれます。イソフラボンには、そんな女性にとって最も嬉しい効果もあるのです。

美肌

 

まとめ

私達が、日頃よく食べている大豆製品には、この様な素晴らしい効果があるのです。皆さんにご理解いただけたでしょうか?
生理痛に悩む人には「女性ホルモンのバランスの乱れ」が原因という人も数多くいます。こうしたホルモンバランスの乱れを、美味しい大豆製品で上手にイソフラボンを摂取して、整えていってみてはいかがでしょうか?生理痛の緩和にお悩みの皆さん、是非試してみて下さいね。

 

 

■生理が少ない方、生理リズムが乱れる方にバランスを整る「おすすめイソフラボンサプリメント」
■漢方生薬研究所/ズキラック
■初回:2980円キャンペーン実施中
ズキラックへ

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

生理が遅れる理由

あなたの生理遅れていませんか?遅れる5つ理由と原因

生理は女性ホルモンでコントロールされている事、女性ホルモンを安定させるには食事や運動、ストレス、睡眠などの生活習慣を見直し改善する必要があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る