生理痛に効果的プラセンタ、美容以外の活用法

プラセンタ

プラセンタで、心身ともに若返る!

多くの女性にとって大きな悩みの種である「生理痛」。
女性特有の不調である生理痛は、周囲の男性にはなかなか理解しがたいものです。
生理痛が重くて体調が悪くても、理解して貰えない事から辛い思いをしている人も少なくないでしょう。
苦しい生理痛が緩和されるものがあれば、是非試してみたいと思いませんか?
そんな生理痛緩和、起死回生の治療法が「プラセンタ療法」です。
皆さんは「プラセンタ」というものを知っていますか?
従来は、アンチエイジングケア等の美容のために活用されてきたプラセンタですが、実は生理痛の緩和にも効果がある事が分かってきました。
そこでここでは、生理痛緩和に活用される「プラセンタ療法」についてご紹介していきます。

生理痛緩和のメカニズム

プラセンタを活用する事でどのように生理痛が緩和するのかを説明する為に、まずは生理痛がどのようなメカニズムで起こるのかを説明しましょう。
生理痛とは、女性ホルモンの変化に生じて起こるものですが、具体的には排卵期以降に急激に分泌量が増加する黄体ホルモン「プロゲステロン」が原因で生理痛が生じてきます。
プロゲステロンは排卵後に急激に増加し、その後生理が来ると急激に減少するホルモンです。
この急激な変化により自律神経のバランスが崩れ、頭痛や腰痛、気分の落ち込みやイライラを引き起こします。
その不調は「月経前症候群」いわゆるPMSと呼ばれ、生理痛と合わせて女性特有の不調として、多くの女性を悩ませているものです。
また、実際に生理が始まると、生理で生じる経血を身体の外に出そうとする子宮収縮の働きにより、下腹部痛や腰痛が起こります。
この状態の時に急激に増加しているプロスタグランジンという生理活性物質は、下腹部痛などだけではなく、胃腸の活動を妨げる働きもあり、その為下痢や吐き気を催す人もいます。

そんな様々な生理前後の不調に対して有効だと言われ、注目されているのが「プラセンタ」です。
プラセンタとは、日本語で「胎盤」を意味する言葉です。
私達人間を含め、哺乳類生物の胎盤の中にはグロスファクターという成長促進因子が沢山含まれています。
その成分を抽出して、美容や健康に役立てる事が「プラセンタ療法」です。
プラセンタには、内分泌調整作用・自律神経調整作用・血行促進作用などの、ホルモンバランスを整えてくれる作用が多数含まれています。
ですから、プラセンタを体内に取り入れる事により、生理痛の酷い人が痛みから解放されるのです。

ほっと一息

プラセンタ成分の摂取方法は?

プラセンタ成分を体内に摂取する方法としては、二種類あります。
病院で行うプラセンタ注射と、経口で摂取するプラセンタサプリメントの二種類です。
プラセンタ注射は、婦人科や皮膚科などの医療機関で受ける事が出来ます。
病院で注射液として認められるプラセンタはヒト由来のプラセンタのみです。
1回につき1~2アンプルを皮下注射または筋肉注射で接種します。
治療開始時は一週間に2~3回接種しますが、その後は一週間に1回、月に1回と、回数が減っていきます。

一方、サプリメントで摂取するプラセンタは、ヒト由来のものばかりではなく、ウマやブタが由来のものもあります。
病院で注射により摂取するプラセンタよりも安価ですが、即効性は期待出来ません。
継続して毎日決められた量のサプリメントを飲み続けて、効果が表れるのを待つ…という感じです。

サプリメント

プラセンタ療法のポイント

大きな副作用が無い

プラセンタ療法は、他の薬物療法の様な大きな副作用が無い事が一番のポイントです。
元々の原材料がヒトまたはウマ・ブタなどの哺乳類のプラセンタ成分という事で、通常のお薬の様に身体にかかる負担は少ないと考えられています。
特に、プラセンタ注射で使われるプラセンタ注射液は必ずヒト由来のものと決められているので、ある程度は安心なのではないでしょうか。
しかし、稀にアレルギー症状を起こす人もいるというので、医師と相談しつつ使っていく必要があるようです。

身体が若返る

元々、プラセンタには細胞の成長促進作用が沢山含まれています。
その為、若返りなどを目的としたアンチエイジングケアと呼ばれる美容療法にプラセンタは活用されてきました。
生理痛緩和の為とはいえ、プラセンタを定期的に摂取し続けるという事は、この「若返り作用」を定期的に体内に取り込んでいく事にもなります。
その結果、生理痛が緩和されるだけではなく、シミ・シワなどが改善され、身体の若返りも期待出来るのです。

体質改善が期待出来る

元々、プラセンタには細胞の成長促進作用が沢山含まれています。
その為、若返りなどを目的としたアンチエイジングケアと呼ばれる美容療法にプラセンタは活用されてきました。
生理痛緩和の為とはいえ、プラセンタを定期的に摂取し続けるという事は、この「若返り作用」を定期的に体内に取り込んでいく事にもなります。
その結果、生理痛が緩和されるだけではなく、シミ・シワなどが改善され、身体の若返りも期待出来るのです。

若返り作用

おわりに

美容で話題のプラセンタが、どのように生理痛緩和に役立っているか、ご理解頂けたでしょうか。
大きな副作用も無く、様々な症状改善に大きな期待がかかるプラセンタ療法は、現在多くの医療機関でも積極的に導入されてきています。
特に、今まで対症療法しかなかった女性特有の不調である生理痛やPMSに対する画期的な治療法として、益々注目を集めるのではないでしょうか。
「生理痛は仕方のないもの」として、諦め耐える時代はもう終わりました。
これまで生理痛で苦しんできた女性の皆さん、是非一度プラセンタ療法を試してみて下さいね。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

子宮温活は仙骨を温める

仙骨を温めろ!子宮温活で女性の不調を解消!

子宮温活には様々な方法ありますが、女性の悩みには仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすといった仙骨温活はおすすめです。仙骨は脊…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る