生理痛に効果があるサプリ選びに気を付けるポイント

薬

生理痛に効果があるサプリメントを具体的に考える

普通の生理痛であれば、その症状を改善するために、サプリメントに頼って原因になっていると考えられる要因に働きかけて改善を目指すことができます。

しかし、なかにはひどい生理痛の原因となっているのが他の病気なのではないかと疑わなければならない場合があります。ここでは、生理痛に効果があるサプリメントについて触れる前に、子宮内膜症や子宮筋腫などの「他の病気を疑う必要がある生理痛の症状」について、先に説明しておきたいと思います。

苦しむ人
月経時は個人差や年齢による差はあります

下腹部痛やだるさなど不快に感じる症状があるのが一般的です。しかし、眠ることができないほど痛い、痛さで起き上がることができない、仕事や学校を休まなくてはいけない、一切の家事ができないなど、日常生活に支障をきたしたりするようなひどい生理痛の場合を「月経困難症」と言います。生理痛だけでなく頭痛や吐き気、腰痛や倦怠感などの症状に悩まされる人もいます。ほとんどは、身体には病気がないのにつらい生理痛があるというタイプの月経困難症です。その原因は、ホルモンに似た働きをするプロスタグランジンという物質が多く分泌されているためと考えられています。しかし一方で、その月経困難症の直接的な原因となる、身体的な別の病気が存在するタイプの月経困難症もあります。どちらにしても生理痛がひどい時、また生理不順においてもその状態がひどくなってきたと感じる時には、早めに専門の病院へ行くことをおすすめします。
身体的な別の病気が存在するタイプの月経困難症において考えられる具体的な病気としては、まず「子宮内膜症」があります。この病気は、通常の子宮内膜は月経と共に血液などと一緒に体外へ排出されるのに対して、子宮内膜が子宮の内側以外の場所にできて広がり、月経がきても剥がれ落ちずにおなかの中にとどまるので、様々な痛みや炎症の原因となります。月経がある女性の10人に1人の割合は、この病気の可能性があると言われています。「子宮内膜症」の症状としては、非常に強い生理痛や過多月経などがあり、月経の度に痛みがひどくなっていきます。他には「子宮筋腫」も考えられる病気の一つです。「子宮筋腫」は、子宮に良性の筋腫ができる病気です。良性の腫瘍ですから、悪性とは違って他の細胞を破壊したりはせず、基本的には生命に関わることはありません。腫瘍が小さいうちは症状がありませんが、筋腫が大きくなると、重い生理痛、過多月経、腰痛、頻尿、貧血などの症状を引き起こします。症状が更に重くなると、不妊や流産などを引き起こすこともあります。成人女性の4人に1人は筋腫を持っていると言われています。一方、女性ホルモンの乱れやストレスなどが原因で、月経の正常周期が乱れるのが生理不順です。生理不順の種類としては、周期が39日以上あく「稀発月経」、24日以下のサイクルになる「頻発月経」、3ヵ月以上生理がない場合は「続発性無月経」、月経があるとしても排卵がない「無排卵性月経」などがあります。
これらの病気はそのまま放置しておくと、不妊につながったり、のぼせや肩こりなどの更年期のような症状が早く出たり、閉経が早くなって骨粗鬆症になるリスクが高まったりする可能性があります。稀に、子宮ガン、子宮内膜炎、ポリープや甲状腺機能障害などの病気が隠れている可能性もあります。自分は「ただの重い生理痛だから・・」と安易に考えて、薬やサプリを飲むだけで済ますのではなく、早めに病院での診察を受けるようにしましょう。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

仲良し夫婦

妊活中のストレスに打ち勝つ5つ解消方法!

妊活中の敵、ストレス 妊活、ストレス、解消・・・ この記事を見ていただいているということは、そういったことにお悩みで検索されえた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る