甘いものでホッと一息…ココアで生理痛を緩和出来ます。

カフェココア

甘いココアで、ホッと生理痛緩和。

 

若返り作用

 

 

女性であれば、誰もが必ず抱える悩みに「生理痛」があります。
余程の事が無い限り、生理痛で悩んだことがないという女性はいないのではないでしょうか。
みんな、大なり小なり毎月生理痛に悩まされています。
中には生理が重い・生理痛が酷いという人もいます。
本当に生理痛が酷い人になると、仕事や家事も出来ず、生理痛が治まるまでただ横になりやり過ごしていると聞きます。
そんな時に、少しでも生理痛が和らぐ方法があれば、嬉しいと思いませんか?
世の中には、生理痛の緩和に良い効果をもたらすとされている食品が存在します。
その中でも、飲み物として手軽に飲めて気持ちも和らぐ「ココア」に、生理痛緩和に良いとされる成分が含まれているのです。
そこでここでは、生理痛緩和に良いとされる「ココア」の効果についてご紹介していきたいと思います。

生理痛緩和のメカニズム

なぜ、生理痛の緩和に「ココア」が良いとされているのでしょうか?
生理痛を酷くしてしまう要因はいくつかありますが、その中の一つに「身体の冷え」が挙げられます。
身体が冷えると血行が滞り、その事により生理の時に分泌される女性ホルモンの働きを妨げてしまうのです。
ですから、身体を温めると生理痛が緩和されると考えられており、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲む事が勧められるのです。
では、数あるホットドリンクの中「ココア」に注目が集まっているのは何故なのでしょうか?
ココアには、マグネシウムや食物繊維が豊富に含まれています。
マグネシウムには血行促進効果と自律神経調整作用があり、食物繊維にも身体の調子を整える効果があると言われています。
その為、ココアに含まれるこうした成分が血行を促し質の良い生理をもたらしてくれ、その結果生理痛も緩和されていくのです。
また、ココアには鉄分の吸収性をあげる働きもあるので、生理中に起こりやすい貧血の対策にも効果的です。
そうした意味でも、ココアは生理中にお勧めのホットドリンクなのです。

腹痛

ココアの摂取方法は?

ココアで身体を温める事が目的ですから、出来るだけホットドリンクとして飲む様にしましょう。
勿論ココア単体で飲むのも良いですが、他にも生理痛の緩和に良いと言われている食品や飲み物がありますから、そうしたものと合わせてココアのアレンジドリンクとして楽しむのもお勧めです。
例えば、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを多く含む豆乳やきなこと合わせて「豆乳ココア」や「きな粉ココア」。
また鉄分の吸収を助けるゴマと一緒に「黒ゴマココア」など…
美味しくココアメニューを楽しんでみて下さいね。

開元

ハーブ摂取のポイント

飲み過ぎに注意する

ここまでお話してきた事をみると、ココアを飲む事で良い事ばかりだと思われるでしょう。
しかし、生理痛緩和の為にココアを摂取する時に忘れてはいけないのが「カフェイン」の存在です。
珈琲や緑茶ほどではありませんが、ココアにも若干のカフェインが含まれています。
カフェインは血管を収縮させ、冷えを誘発してしまう成分で、生理痛の緩和には逆効果の成分です。
ですから、ココアがいくら生理痛緩和に良いからと言って飲み過ぎるのは良くありません。
飲み過ぎには十分注意しましょう。

ココアと砂糖の関係

ココアを飲み物として摂取する時に欠かせないものに、砂糖があります。
砂糖の中でも、精製された砂糖には注意が必要です。
精製された白砂糖や三温糖には、身体を冷やしてしまう作用があり、かえって生理痛を酷くしてしまう恐れがあるのです。
ですから、生理痛緩和のためにココアを飲む時には、精製された砂糖ではなく無精製の黒糖やキビ砂糖を使う様にしましょう。

ココアで便秘解消?

前項でも少しご紹介しましたが、ココアには食物繊維が豊富に含まれています。
ですから、ココアで生理痛緩和をするだけでなく、バナナなどの食材と合わせて便秘解消を試みてはいかがでしょうか?
便秘も、あまり長引くと生理痛の悪化につながります。
ですから、生理痛の緩和の為に解消できるのであれば解消しておいた方が良いことでもあるのです。
この機会に、是非ココアで便秘解消にも挑戦してみて下さいね。

まとめ

あなたにお勧めしたい「ココアで生理痛緩和」についてのお話、いかがでしょうか?
ココアのように甘くてホッとする飲み物で生理痛も和らぐのであれば、まさに一石二鳥だと思いませんか?
ココアを飲むと、生理痛が緩和できると共に気持ちもホッとリラックスすること間違いなしです。
是非「ココアで生理痛緩和」、一度試してみて下さいね。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理の症状は年代ごとで違ってくる?年代ごとの変化を紹介

女性の身体には女性ホルモンの影響で周期的に生理が来ます。 10代から始まる生理を繰り返す経過において、心身の状態はその後も変化していきます…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る