生理時のむくみがつらい!そのむくみを緩和する3つの方法

むくむ

生理の時ってむくみませんか?そのむくみを解消する方法を教えます!

毎月訪れる生理。
生理は女性にとってはなくてはならない大切なものです。
しかし、生理の時、様々な不快症状に悩まされている人は多いですよね。
代表的な生理痛は、腹痛や腰痛、吐き気やむくみと、その症状は多岐にわたります。
今回は、生理時に起こる症状の一つ、「むくみ」に悩まされている人が、少しでも楽になる方法はないかと、緩和する方法を集めてみました。
もし、むくみで悩んでいるなら、読んでみてください。
なぜ、生理時にむくむのかもわかりますよ!

なぜ、生理の時はむくむのか

むくみが楽になる方法を考える前に、なぜ、生理の時はむくむのか考えてみましょう。
生理の時にむくむのは、女性ホルモンが関係しています。
生理前に分泌が増える、プロゲステロンという女性ホルモンは、体内に水分を蓄える働きを持っています。
ですから、生理前からむくみやすい身体が出来上がっているわけです。
また、エストロゲンという女性ホルモンが体内の水分を排出する働きがありますが、エストロゲンが分泌されるのは、生理が始まってしばらくしてからです。
つまり、生理前から体内に水分を蓄えているのに、生理が始まってしばらくしないと、体内の水分が排出されないわけです。
その、体内にあふれる余分な水分が、むくみとなって現れるのです。
ですから、生理時はむくみやすくなるのですね。

足のむくみ

むくみを緩和する方法

ここからはむくみを緩和する方法を考えてみましょう。
むくみを緩和するには、体内の余分な水分を体外に排出すればいいわけです。
体内の余分な水分を排出するためには、血流を良くし、代謝を高めると効果的です。

では、具体的な方法をご説明しましょう。
まず、効果的なことは、運動です。
運動すれば、血流が良くなります。
他には温めたり、マッサージをしたりするのも効果的です。
血流を良くして代謝を高めましょう!

そのほかにも、塩分を控えることも効果的です。
塩分を取りすぎると、体内の塩分濃度を一定にするために、人の体は自然に水分を摂取しようとします。
そのため、不必要な水分が体内にあふれ、むくみとなるのです。
ですから、塩分を控えれば、不必要な水分を摂取することはなくなりますので、余計なむくみを生まなくなるというわけです。

また、カリウムを摂取することも効果的です。
カリウムは、体内のナトリウムや水分を、体外に排出する働きがあります。
ですから、むくみを緩和する効果があるんですよ!
カリウムはわかめやこんぶなどの海藻類や、大豆などの豆類に多く含まれています。
積極的に摂取するようにしましょうね。

カリウム補給

まとめ

最後に、私が試して効果があったむくみ解消法をお教えします。
それは、とても簡単な方法なので、むくみでつらい思いをしている人は、ぜひ試してみてくださいね!
まず、直径2cmくらいのスーパーボールを用意します。
それを、足の裏でコロコロしてください。
しばらくコロコロしていると、すーっとむくみが引くのがわかりますよ!
ただし、注意が必要です。
やりすぎると足の裏が痛くなります。
やりすぎないように、また、力を入れすぎないように注意してくださいね。

むくみがひどくなると、とても辛いですよね。
ただでさえ、腹痛や腰痛などでつらいのに、むくみまであるなんて、嫌になっちゃいますよね?
そんな時は、ここでご紹介した緩和方法を試して、むくみを緩和してください。
いいですか?
つらいむくみを緩和すれば、いつもより楽な生理ライフを送れますよ!

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理の症状は年代ごとで違ってくる?年代ごとの変化を紹介

女性の身体には女性ホルモンの影響で周期的に生理が来ます。 10代から始まる生理を繰り返す経過において、心身の状態はその後も変化していきます…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る