腰痛がつらい!生理時の腰痛を緩和する一番おすすめの方法

腰痛

ひどくなると腹痛より辛くなるのが腰痛!そんな腰痛がこの方法で楽になる!

生理の時につらい症状はなんですか?
多くの人は、まず腹痛と答えるでしょう。
しかし、腰痛も負けてはいません。
そんな、生理痛の代表格、腰痛を緩和したいと思いませんか?
今回は腹痛ではなく、腰痛にスポットを当ててその緩和方法を考えていきたいと思います。

では、なぜ生理の時に腰痛は起こるのでしょうか。
その原因を解説します。
腰痛の原因は骨盤の開閉や歪みです。
生理の時に、経血の排出をスムーズに行うため骨盤が開きます。
骨盤に異常がなければ、骨盤の開閉はスムーズに行われるため、痛みはさほど感じませんが、骨盤が歪んでいたり、歪みがもとで開閉がスムーズに行われなかったりすると、痛みを感じてしまうのです。
これが、生理時の腰痛の原因です。
そして、この骨盤の開閉の恐ろしいところは、生理終了時にきちんと骨盤が閉じないと、生理が終わった後も痛みが続く可能性があるということです。
実は、生理は骨盤を整えるのには最適な時期なんですよ!
普段つらい生理も、骨盤を整えるチャンスととらえれば、ちょっとはうれしくならないですか?

骨盤を歪ませないために気をつけること

では、骨盤はどうして歪んでしまうのでしょうか。
それは、日頃の生活が最大の原因です。
あなたの姿勢はどうですか?
正しい姿勢をしていますか?
正しい姿勢をしていないと、骨盤は徐々に歪んでいきます。
また、かばんをいつも同じ方で持ったり、足を組んだりすることも骨盤の歪みを招きます。
些細な歪みなら、一晩ぐっすり正しい姿勢で寝れば元に戻りますが、長年骨盤が歪む生活をしていると、治すには時間がかかります。
ですので、まずは骨盤を歪ませない生活を心がけてください。

ヒールで足を組む女性

歪んでしまった骨盤はどうしたらよいのか

では、すでに歪んでしまった骨盤はどうすればいいのでしょう。
整体やカイロプラクティックなどで骨盤を矯正するのも一つの手です。
また、骨盤体操で骨盤を矯正する方法もあります。

有名な骨盤体操に、腰回し体操がありますね。骨盤が歪んでいると思う人は今すぐ試してみてください。
スムーズに腰を回せますか?
回せなければ、骨盤が歪んでいる証拠ですよ。続けていくうちに、スムーズに回せるようになります。気長に続けてみてください。
右回しも、左回しもスムーズに回せるようになったころ、生理痛の腰痛が緩和していることに気がつくと思いますよ。他にも、骨盤体操は様々な方法がありますので、ご自分が続けられると思ったものをチョイスして実践してみてください。

骨盤体操

まとめ

生理痛の腰痛緩和のためには、骨盤を正常な位置に戻すことが大事です。
骨盤体操を選ぶポイントは、継続できるか否かです。
なぜなら、生理は毎月やってきますので、気を抜くと骨盤はすぐに歪んだり、ゆるんだりしてしまいます。
また、正しい姿勢を常に心がけることも大事です。
せっかく骨盤体操や整体で整えても、骨盤が歪む姿勢をしていたのでは、元も子もありません。
骨盤の歪みを整えつつ、歪ませない生活を心がけることが生理時の腰痛を緩和するためには最も大事なことですよ。
長年かけて歪んだ骨盤です。
それを、正常な状態で維持するためには、どの骨盤矯正を選んでも、それなりの時間と努力が必要です。
しかし、努力すれば必ず報われます。
体操自体はそれほど難しくありません。
あきらめずに続けてみてくださいね!

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理の症状は年代ごとで違ってくる?年代ごとの変化を紹介

女性の身体には女性ホルモンの影響で周期的に生理が来ます。 10代から始まる生理を繰り返す経過において、心身の状態はその後も変化していきます…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る