生理痛の緩和に効果的なの!?低用量ピルの効果を知りたい

薬

低用量ピルが生理痛の緩和に効果的ってホント!?その真実を知りたい

ひどい生理痛に悩んでいる人も多いですよね。
そんな、ひどい生理痛に悩んでいる人なら、一度は聞いたことがあると思います。
それは、低用量ピルを服用すると、生理痛が緩和するという噂。
しかし、実践するには勇気が要りませんか?
低用量ピルを服用すると本当に生理痛が緩和するのか、副作用などはないのか。
気になることはたくさんあります。
そんな、悩める人のために、低用量ピルについて詳しくご紹介しましょう。
正しい知識を得れば、きっと不安はなくなりますよ。

低用量ピルとは一体どのようなものなのか

まずは低用量ピルの効能がどのようなものなのか、一部をご紹介しましょう。
低用量ピルの効能は、以下の通りです。

  • 避妊効果
  • 生理痛の緩和
  • 月経不順の改善
  • 子宮内膜症の改善と予防
  • PMSの改善
  • 卵巣がんの予防

このように、低用量ピルには、様々な効能があります。
他にも、様々な効能があるんですよ。

しかし、副作用もあります。
副作用もご紹介しましょう。

  • 吐き気
  • むかつき
  • 乳房のハリ
  • 頭痛
  • 下腹部痛
  • むくみ
    など

他にも、低用量ピルを服用すると、血栓症を起こすリスクもあります。
ただし、ヘビースモーカーであるなど、特定の条件に合致しない場合は、そのリスクはほとんどありません。
また、病気などで服用できない人もいます。

ピル服用

低用量ピルが生理痛の緩和に効果的な理由

そもそも、なぜ低用量ピルを服用すると生理痛が緩和するのでしょうか。
その理由をご説明しましょう。

低用量ピルを服用すると、排卵されなくなるので、子宮内膜が厚くなりません。
生理とは、必要なくなった子宮内膜を体外に排出することなので、子宮内膜が厚くならないと、要らなくなった子宮内膜を強い力で押し出す必要がなくなるため、生理痛が軽くなるのです。
また、経血自体も減り、サラサラした経血になりますので、子宮頚管が狭くてもスムーズに排出することができますので、痛みが少なくてすみます。

副作用は個人差がありますが、低用量ピルはホルモン剤なので、服用すると体内のホルモンバランスが乱れます。
ですから、身体が低用量ピルになれるまでは副作用が起こることがあります。
しかし、一時的なものなので、たいていの場合、数日で治まることが多いです。

また、低用量ピルを服用すると、妊娠できなくなるのではないかと思う人もいると思いますが、低用量ピルを服用するのを止めれば、すぐに排卵は起こります。
もちろん、個人差はありますが、早ければ、翌月の排卵から始まります。

若返り作用

まとめ

低用量ピルは薬なので、抵抗がある人もいるでしょう。
しかし、きちんと医師の診断を受け、用法容量を守り、きちんと服用すれば、効果が高い薬です。
毎月の生理が重く、日常生活がままならない人には、生理痛を緩和する効果的な方法として選択肢の一つに数えるのも悪くない選択なのではないでしょうか。
低用量ピルを服用していれば、生理日の予定をコントロールすることもできます。
つまり、旅行など自分の都合に合わせて生理の日程をずらすということも可能です。
副作用やリスクもありますが、メリットも多い薬なのです。
もし、迷っているなら、一度クリニックを訪れてみてはどうでしょう。
もしかして、あなたのつらい生理痛を緩和する救世主になるかもしれませんよ。
ただし、必ず、医師の指示に従ってください。
安全に快適な生理を手に入れるためには、とても大事なことなので、忘れないでくださいね!

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

子宮温活は仙骨を温める

仙骨を温めろ!子宮温活で女性の不調を解消!

子宮温活には様々な方法ありますが、女性の悩みには仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすといった仙骨温活はおすすめです。仙骨は脊…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る