ツボ押しで生理痛緩和!セルフケアで痛みを軽減しましょう

生理痛緩和するつぼ

これだけは押さえたい!生理痛緩和のツボ!

毎月毎月、とっても憂鬱な生理。
そして、その生理中には必ずと言っていい程つきまとう「生理痛」。
生理痛が酷い人になると、仕事や家事などもままならず、寝ていなくてはなりません。鎮痛剤も常用し過ぎると段々効かなくなってしまい、まさに八方塞がり…なんて人も少なくないのではないでしょうか。そんな生理痛を少しでも緩和する事が出来たら…それは本当に夢の様な事でしょう。
生理痛を少しでも和らげたい!薬を飲んでも効かないが、何とか生理痛を緩和したい!
そんな人には、ツボ押しで対処する方法はいかがでしょうか?
ツボ押しは即効性があるので、すぐに痛みを緩和したい人にはお勧めの方法です。そこでここでは、セルフケアで対応できる生理痛緩和のツボをご紹介したいと思います。

 

 

生理痛緩和のメカニズム

人間の身体の中には、ツボと呼ばれる場所があります。
元は中国の中医学に由来し経穴とも呼ばれるもので、身体の中の異常に応じて特定の部分に現れるものです。
西洋医学に基づくトリガーポイントと呼ばれるものとも一致していると言われ、不調のある部分のツボを押すと反射して良い影響をもたらすと考えられています。
生理痛緩和の為には、子宮を反射しているツボや、血流を促すツボなどをを刺激するのが効果的です。ツボ押しには即効性があり、また継続して行う事で体質改善の効果もある事から、大変お勧めです。

手のツボ

生理痛緩和に効果のあるツボ

 

①三陰交

足の内くるぶしから指4本分上の、骨と筋肉の境目にあるツボです。
このツボは子宮や卵巣の働きを促進するツボで、生理痛や生理不順、腰痛や冷えにも効果があるとされています。両手の親指を重ねてゆっくりと深く押しましょう。
三陰交のツボ

②血海

膝の内側の足を伸ばした時にへこむところから指3本上にあるツボです。
このツボは多くの血液が集まる場所で、刺激をすると血流が促進されます。そうする事で、ホルモンバランスが整えられ、生理痛の緩和に繋がるのです。この場所は、少し痛い位の強さで短めのスパンで押しましょう。
血海のツボ

③腎兪

このツボは、生理痛緩和の中でも特に腰痛の緩和に良いとされているツボです。
ウエストの一番細い高さの背骨から、左右それぞれ指2本分外側にあります。親指で押しながら、ゆっくり回す様に刺激しましょう。この場所をカイロや湯たんぽなどで温めるのも、生理痛緩和にはお勧めの方法です。

腎兪のツボ

 

ツボ押しのポイント

同じ場所ばかり押さない!

早く生理痛を緩和したいからといって、同じ場所ばかりずっと刺激するのは逆効果です。押し過ぎは、筋肉や神経を傷つけることになりかねませんので、注意しましょう。
「3~5秒押して、3~5秒で離す」「10回繰り返す」
というのを基本に行うと良いでしょう。気持ちの良いツボ押しになると、つい同じ場所ばかり長時間押してしまいがちになるので注意して下さいね。

力任せに押すのは逆効果!

力任せにツボ押しをするのも、同じ場所ばかり長時間押すのと同様に、逆効果となります。
強過ぎる刺激は、長時間の刺激と同様に筋肉や神経を傷つけてしまう恐れがあるからです。痛いと感じるまで押さずに、気持ちの良い力加減でツボ押しをする様に心掛けましょう。

ツボの場所に傷や炎症がある時は押さない!

ツボがある場所に傷や炎症がある時には、絶対に押さないで下さい。
いくら生理痛緩和に良いツボといっても、そのツボを刺激すると傷や炎症が悪化してしまう恐れがあるからです。その傷や炎症が治った事を確認してから、ツボ押しを試みる様にして下さいね。

 

まとめ

ここまで、生理痛緩和に良いツボをご紹介してきましたが、お役に立ったでしょうか?
ツボ押しというのは、お金もかからず薬にも頼らず、不調を改善する事が出来るものです。生理痛緩和にも是非役立てて頂きたいと思います。しかし、例えば妊娠中や体調が悪い方等、ツボ押しに注意が必要な人もいます。そうした人は、整体師やセラピストなどの専門家にお願いしてみるのもお勧めです。
あなたに合った方法で、生理痛緩和のツボ押しを体験してみて下さいね。

 

 

◆ムーンラック (漢方生薬研究所)
毎月のつらい症状を和らげるサプリメント

生理痛の症状も人それぞれ…お腹が痛かったり、頭が痛かったり、吐き気がしたり…
でも体調悪くても仕事や家事はしなくちゃいけないし…
そんなあなたの救世主になってくれるサプリメントができました!
きっとあなたの毎月を支えてくれるはず。



この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

腹痛

早く受診しよう、生理終わりのこんな症状は危険!

生理の終わりごろになると経血の色や量も変化し、はじめ頃と比べると大きな違いがあります。また、生理が終わりかけにも出血が止まらない場合には、不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る