シェイプアップも期待!ストレッチで生理痛が緩和します。

ストレッチ

生理痛緩和に有効なストレッチ、教えます!

女性なら一ヶ月に一度は経験する「生理」。
その時に一緒に訪れる「生理痛」…酷い人にとっては「地獄そのもの」でしかありません。
容赦なくやってくる腹痛や腰痛、酷い人になると頭痛や吐き気をもよおす人もいると聞きます。
そんな生理痛を緩和する方法や、生理痛の緩和に良い成分があれば良いですよね。
例えば生理痛の緩和に良い成分であれば、定期的に摂取すれば良いでしょうが…
それでは即効性が無いので「今すぐ生理痛を緩和したい!」と思っている人のニーズには応えられていません。
辛い生理痛を出来るだけ早く緩和する方法があれば、是非知りたいと思いませんか?
実は、簡単なストレッチで生理痛を緩和する事が出来るのです。
そこでここでは、生理痛緩和に有効なストレッチをご紹介していきたいと思います。

若返り作用

生理痛緩和のメカニズム

そもそも、生理痛というのは何故起きるのでしょうか?
生理痛には「プロスタグランジン」という女性ホルモンが大きく関係しています。
このホルモンは、子宮を収縮させて経血をスムーズに体外に排出する働きがあります。
しかし、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、このプロスタグランジンが過剰分泌され、その結果生理痛が酷くなってしまうのです。
女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因には様々なものが挙げられますが、「骨盤の歪み」「血行不良」などもその原因として挙げられます。
その原因を改善する為に、ストレッチが有効なのです。
特に、腰や骨盤回りの筋肉をほぐすようなストレッチをするのが生理痛緩和には有効です。
また、下腹部が痛む時には下腹部を優しくマッサージするのも効果的。
その他の、生理痛緩和に良い成分や方法を試しつつ、ストレッチも是非試してみて下さいね。

大豆イソフラボン

生理痛緩和のためのストレッチは?

まず、腰に両手を当てて腰をゆっくり回します。
このストレッチは骨盤の歪みを正しい位置に戻す働きがあるので、最初はゆっくりから始めてみて下さい。
次に、座った状態で足の裏を合わせて足を開き、前屈運動をします。
このストレッチには子宮回りの筋肉を緩めて痛みを緩和する働きがあります。
そして最後に、仰向けに寝転んだ状態でそのまま両膝を抱える「だるまさん運動」をしてみましょう。
このストレッチには、上半身を支えている足の筋肉を緩めて痛みを緩和させる働きがあるのです。
この3つのストレッチは短時間で出来ますので、ちょっと痛みが強い時に気軽に取り組む事が出来ます。

だるまさん運動

生理痛緩和ストレッチのポイント

生理が重い時に無理はしない

生理痛の緩和に良い成分だと言ってサプリメントを摂取するのは勿論良い事です。
ですが、あなた自身が抱えている持病などによっては禁忌となるサプリメントもあります。
例えばイソフラボンですが、乳癌の様に女性ホルモンの影響を受けている病気にかかったことのある人はあまりたくさん摂取できません。
他にもそういったサプリメントがいくつかありますので、摂取を始める前に必ずチェックしておいてください。

痛みが強い時にはツボ押しも併用してみよう!

先程も少し述べましたが、痛みが強い時など生理が重い時にはストレッチが逆効果な場合があります。
そんな時には、生理痛を緩和するツボをマッサージしてみると良いでしょう。
おへその下にある関元や、肘部分にある曲池など…生理痛の緩和に効果的なツボはいくつかあります。
痛みが強い時には、ストレッチと合わせてツボ押しも試してみると良いでしょう。

骨盤が矯正できるとシェイプアップも出来る!

骨盤の歪みを整える事で、子宮回りの血流が促進されて生理痛が緩和されるという事はご理解頂けたと思います。
しかし、骨盤矯正のメリットはこれだけではありません。
骨盤の歪みを整えるとシェイプアップも期待出来るのです。
生理痛緩和の為のストレッチがシェイプアップにも繋がるなんて、まさに一石二鳥。
是非あなたにも試して頂きたいですね。

まとめ

ここでは、生理痛緩和に良いストレッチをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?
生理痛を緩和するために効果的なストレッチが、シェイプアップにも効果を発揮してくれるということが分かって頂けたと思います。
生理痛に関わらず、骨盤を矯正する事は身体のバランスを整える意味でも大変重要な事です。
是非この機会に、ストレッチで骨盤を矯正し生理痛緩和に役立ててみて下さいね。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

妊娠?PMS?

生理前の症状と妊娠の超初期症状について

月経前症候群と妊娠超初期の症状は非常に似ています。 相違点は、おりものの量や臭いや色が違う点。生理前は便秘、下痢、下腹部の痛みの症状が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る