生理前から便秘で苦しむのは嫌!スッキリする3つの秘訣

生理

生理前って、どうして便秘になる?原因を知ってスッキリしましょう

生理と便秘のメカニズムを解説

生理前って、便秘になりますよね。
中には、生理中も、便秘が治らない人もいます。
生理痛と、便秘の関係を探ってみましょう。

生理前に分泌される黄体ホルモンが原因で、便秘になります。
この黄体ホルモンは、便を排出するために、大腸が蓄えている水分を吸収します。
そのため、水分が不足し、便が出にくくなるのです。
これが、生理前の便秘のメカニズムです。
では、生理中も、同じ原因なのでしょうか。
生理が始まると、黄体ホルモンの分泌は止まります。
ですから、他に原因があります。
生理が重い人は、食事量が減る傾向があります。
食事量が減ってしまうと、身体のエネルギーが減ってしまい、代謝機能が減ってしまいます。
また、食事をすると、大腸に刺激が与えられ、排便を促す蠕動運動が起こります。
しかし、食事の回数自体が減ってしまうと、蠕動運動もおこらないため、排便が促されないのです。
そうして、どんどん老廃物が蓄積され、便秘になってしまうのです。
さらに、生理の出血も便秘の原因になります。
体内の血液量が減ると、内臓機能が低下します。
そのため、蠕動運動が鈍くなるのです。

生理前にくる高温期

生理時の便秘を緩和する方法

では、生理中の便秘を緩和する方法はないのでしょうか?
それは違います。いくつか、例をあげてみましょう。
まず、黄体ホルモンによって不足した水分を補いましょう。食事の回数は減らさず、できるだけ多くの食物繊維をとるように心がけましょう。食物繊維は、腸内の老廃物をきれいにして、排出を助けてくれる働きを持っています。
そのほかには、マッサージで蠕動運動を促す方法もあります。S字結腸部分を、マッサージすると、蠕動運動が促されるのです。また、ストレッチで股関節周りのリンパ節を刺激するのも蠕動運動を促すのに効果的です。積極的に取り入れましょう。

運動する女性

生理時の便秘に対するポイント!

便秘緩和のために注意しなければならないこともあります。
それは、身体を冷やさないということです。
身体を冷やすと、内臓機能が低下してしまいます。
せっかく食物繊維をとっても、身体が冷えていれば、蠕動運動は促されません。
積極的に身体を温めましょう。

生理の便秘を悪化させないために

  • 身体を冷やさないと
  • ストレッチする
  • 蠕動運動を促すマッサージ

 

おわりに

生理前から、生理中まで、長い便秘に苦しむのはつらいものです。しかし、毎月生理はやってきます。
生理痛に加えて、便秘の腹痛に苦しむのは、もうやめにしましょう。
水分を取り、蠕動運動を活発にし、身体を冷やさなければ、次の生理の時は、便秘の苦しみが減るかもしれませんよ。この方法を試して、つらい生理痛と便秘を乗り切りましょう!

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

頻発月経

生理周期が早いと頻発月経の恐れが!原因と治療法方法

生理が予想より早くきたというような経験がある女性も多いのではないでしょうか? 生理が遅れている場合もいろいろ不安があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る