生理痛とともに来る下痢を撃退!下痢を退治する2つの方法

生理中の下痢

つらい生理痛は仕方がないとはいえ誰でも嫌なものですが、それに加えて他の症状があるとさらにブルーな気持ちになりますよね?
生理前後は腸の動きもおかしくなる事が多く、生理痛と同時にひどい下痢に悩まされる人も少なくありません。
そもそもどうして生理の時にお腹の調子が悪くなってしまうのでしょうか?

 

生理痛でどういったしくみ?

生理痛の程度は人によって様々で、同じ人でもその時によって重かったり軽かったりするので先が読めなくて困るものです。
このつらい生理痛を引き起こす原因は「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが深く関係しています。
生理が始まると、子宮が収縮する事による痛みが現われますが、プロスタグランジンの分泌が増えると収縮が強くなるので、より一層生理痛がひどくなってしまいます。生理痛は子宮の収縮痛だけでなく、他の症状を併発する事があります。頭痛や吐き気、下痢などの症状に悩まされる人も少なくありません。

女性の体は妊娠に備えて子宮内が変化します。排卵後には子宮内膜に卵子が来ますが、妊娠をしない場合にはその都度内膜ごと剥がれ落ちます。この時出血を伴って体外に排出されるのが生理なのですが、子宮内膜がはがれる時やそれを促すために子宮が収縮する時に生じる痛みが生理痛の主な要因になります。
生理痛を酷くしてしまう原因はホルモンのバランスだけでなく、自律神経のバランスも関係しています。ストレスや疲労があると、ただでさえ血管が収縮しやすい時に血行も悪くなってしまうので一層生理痛を重くしてしまいます。

食べ物が下痢を悪化させる

生理の時に下痢になるメカニズム

生理痛の最もひどい時に下痢になってしまうのは、子宮を収縮させるプロスタグランジンの影響が大きく関わっています。このホルモンは血管を収縮させる働きがあるので、多く分泌されると頭痛や腰痛など体の様々な部分に痛みを生じさせます。プロスタグランジンは腸もまた同様に収縮させる事になるので、生理が始まると急に腸が活発になってしまい下痢を引き起こすのです。生理痛と下痢の両方があると、感じる痛みも倍増してよりつらいものになってしまいます。

逆に生理前はプロゲステロンという黄体ホルモンの影響が強くなり、腸の動きはとても鈍くなってしまうので、ひどい便秘になる人も多いでしょう。この時期は塩分や水分を体に溜めこむようになるので、ひどいむくみも起こしやすく、体重が2~3キロも増加してしまうというのも珍しくありません。そこに生理が始まっていきなり腸が活発になってひどい下痢になると、場合によっては吐き気も出てしまいます。
そんな生理痛による不調の連鎖を和らげるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

生理中に下痢になる

過剰にプロスタグランジンが分泌されないようにする

生理時にうまく経血を体外に排出する事ができるだけのプロスタグランジンが分泌されればいいのですが、自分でそれをコントロールするのは難しいかもしれません。
それでもポイントを押さえた対策を講じれば症状を和らげる事ができます。プロスタグランジンの生成を助けるのは、乳製品に含まれる脂肪酸で、特に魚に多く含まれるリノレン酸ドコサヘキサエン酸などはプロスタグランジンの生成を抑える働きがあります。
過度な血管の収縮を押さえるために、魚中心の食事を心がけると、ひどい生理痛を和らげる効果が期待できます。逆に乳製品柑橘系のフルーツ脂っこいもの刺激の強い食べ物飲み物なども下痢を悪化させる要因になるので生理痛がひどい時には避けたいですね。

 

生理時の下痢を緩和する2つの方法

生理時の下痢の原因は、プロスタグランジンですので、この物質の働きを抑制すれば、下痢は緩和されます。プロスタグランジンは、アラキドン酸などによって生成されます。
このアラキドン酸の摂取を控えれば、プロスタグランジンの生成を抑制できるのではないかと考えられます。
また、γ‐リノレン酸や、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタ塩酸などを摂取すると、プロスタグランジンの生成邪魔する働きを持っているので、下痢が緩和されるのではないかと考えられています。

青魚

また生理痛を緩和するためにできる事としては、温める事が効果的です。
お腹腰回り温めると、縮んだ血管を拡張する効果があります。体を冷やすような飲み物や食べ物は避け、お腹や足もとを冷やさないような暖かい服装を心がけたり、カイロで仙骨下腹部を温めるのもいいでしょう。また慢性的な運動不足だと生理痛が酷くなる傾向がありますので、生理ではない時によく体を動かしておくというのもとても効果があります。
何をしても痛みが和らがない状態でひたすら我慢するのはストレスにもなりますので、あまりおすすめしません。

なるべく生理痛に薬を使いたくないという人もいますが、酷い時には鎮痛剤を活用するのもいいでしょう。生理痛が辛いのは最初の2~3日間程度ですから、その期間を鎮痛剤を使用しても体に悪影響が出るという心配はありませんので、薬を飲んで少しでも楽になった方が精神的にもとても楽になるでしょう。

 

ひどい生理痛がいつも続く場合は?

生理中に具合が悪くても、生理痛だから仕方がないと思ってやり過ごしているという事はありませんか?
確かに生理の時はほるものバランスの影響で様々な不調が現われてしまうのは自然な事なのですが、あまりに症状がひどいようならば月経困難症である可能性もあります。それ以外にも婦人科系の病気が潜んでいる危険もありますので、重い生理痛をそのままにしておくのはよくありません。

特に子宮内膜症を発症する女性は多く、その症状は生理痛の痛みと似ているので発見がしにくい場合があります。
子宮内膜症とは、通常は子宮内にあるはずの膜が子宮の外にできてしまうので、剥がれた子宮内膜が体外に排出ができなくなります。そのままにしておくと、子宮外の他の部分と癒着を起こしてしまうのでとても危険です。
最初はあまり症状は目立ちませんが、回数を重ねるごとに痛みは酷くなっていきます。進行すると痛み止めが効かないほどになってしまう場合もあり、生活にも大きな支障をきたしてしまいます。生理中の腹痛や腰痛はある程度仕方がありませんが、鎮痛剤が手放せず日常生活をまともに送る事もできないほどの生理痛に苦しむようであれば、それは我慢をせずに婦人科を受診して検査を受ける事をおすすめします。

 

まとめ

生理前後の女性の体は変化が激しく、心身共にスッキリしない時期です。
生理痛はある程度避けては通れないもので異常な事ではありませんが、可能な限り不快感を取り除いていきたいものですよね。また生理痛の状態は健康のバロメーターにもなりますので、つらい痛みもいつもの事と我慢しすぎず、少しでも異常があればなるべく早く病院に行って検査をして、必要な治療を受けるようにするのも大切な事です。

 

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

冷え取りで温活

からだの冷えをとるために有効な8つの習慣

現代人で冷え性に悩む人はとても多いです。 36.5℃~37℃が理想の体温ですが、低い人なら35度台も珍しくありません。 冷えは万病のもと…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る