生理痛の腰痛にお悩みの方必見!1ヶ月で改善

生理腰痛

骨盤を制する者が、生理痛も制す!骨盤を整えて生理時の腰痛を改善しよう

生理痛の腰痛のメカニズムを解説

生理痛の代表的症状である腰痛
たくさんの人が経験していることでしょう。その、生理痛の腰痛のメカニズムについて解説しましょう。

骨盤は閉じたり開いたりしていることを知っていますか
骨盤が開いたり閉じたりするのには、周期があります。1年、1か月、1日のサイクルで閉じたり開いたりしているのです。

まず、1年単位ですが、秋冬に骨盤は閉まり、春夏に骨盤は開きます。植物が芽吹く春に、人間の骨盤も開いていくのですね。
次に、1か月単位ですが、生理が終わった後に骨盤は徐々に閉まっていきます。そして、排卵時が最も閉まっています。それから、徐々に開いていき、生理時に最も開くのです。
最後に、1日単位ですが、日中に少しずつ開き、寝ている間に閉まっていきます。骨盤が閉まっていると目がさえて、骨盤が緩んでくると、眠くなります。ゆがみが少ない人は、寝ている間に骨盤が整えられていきますが、ゆがみがひどいと、自然には整いきれません。

生理に関係するのは、1か月単位のサイクルです。
骨盤が開きすぎると腰痛の原因にもなりますし、骨盤自体が歪んでいると、骨盤が開きにくく、腰に負担がかかって痛みが出てしまうのです。

生理腰痛2

 

生理痛の腰痛を緩和する方法

では、生理痛の腰痛を緩和するには、どうしたらいいでしょうか。
それは、骨盤を整え、腰の負担を軽くすればいいのです。
骨盤を整えるのには、骨盤体操がおすすめです。今は、様々な骨盤体操があります。
好きな骨盤体操で、骨盤を整えてくださいね。もちろん、整体などで骨盤を整えてもらうこともおすすめです。

骨盤調整

骨盤を整える時のポイント!

骨盤を整えるにあたって、注意することがあります。
それは、骨盤の閉まる時期に行うということです。
骨盤が開き始めている生理前や、骨盤が開いてしまっている生理時に行うのは無駄です。
骨盤が閉まり始める生理後にしっかり体操をして、閉めましょう。
そうすることで、開きすぎていた骨盤も閉まりますし、骨盤が整えば、普段腰痛をお持ちの方も楽になります。
また、骨盤はただ閉めるだけではいけません。
歪んだまま閉めてしまうと、腰痛が悪化する恐れがあります。
整えながら閉めるのがポイントです。

 

 

 

骨盤を整えるポイント!

  • 骨盤体操の時期
  • 生理前にやってもダメ
  • 骨盤が閉まり始める生理後にしっかり体操する

 

おわりに

骨盤は人の体にとってとても大切な場所です。
生理後に、しっかりと整えながら閉めれば、次の生理時には、驚くほど腰痛が緩和していることでしょう。
また、骨盤が正しい位置に戻れば、姿勢がよくなり、身体もすっきりきれいになります。
生理痛の腰痛のためにも、スタイル維持のためにも、骨盤を整えてしっかり閉めましょう。

 

◆ムーンラック (漢方生薬研究所)
毎月のつらい症状を和らげるサプリメント

生理痛の症状も人それぞれ…お腹が痛かったり、頭が痛かったり、吐き気がしたり…
でも体調悪くても仕事や家事はしなくちゃいけないし…
そんなあなたの救世主になってくれるサプリメントができました!
きっとあなたの毎月を支えてくれるはず。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

生理が遅れる理由

あなたの生理遅れていませんか?遅れる5つ理由と原因

生理は女性ホルモンでコントロールされている事、女性ホルモンを安定させるには食事や運動、ストレス、睡眠などの生活習慣を見直し改善する必要があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る