生理が始まっても血が少ない、血が出ない理由とは?

生理で血が出ない

生理中に経血の減少がある時には卵巣の機能が低下している恐れがあり、その原因はストレスと言えます。経血がない時は月経前症候群かもしれないので2日3日様子をみて下さい。毎月の生理がきちんとくる為には生活習慣の見直しが必要でストレスの発散、バランスのいい食事、体を動かす、睡眠不足の解消を心がけて下さい。

 

生理中に経血の量が減少する理由について

生理中の経血が減っている場合は、卵巣の機能が低下している可能性があります。卵巣機能が低下の原因としては、ストレスが密接に関わっています。規則正しい生活をして栄養バランスのいい食事、きちんと睡眠を取りストレス発散、疲労を解消する必要があるのです。ストレスが発散できない卵巣機能低下ホルモンの分泌量、経血量が減少無排卵となる恐れがあります。

普段は経血の量は通常で、いきなり出血の量が減少した場合は基礎体温をチェックしてみて下さい。通常は1週間から2週間程記録をつけると病院で診察する時に役に立ちます。さらに無排卵の状態が続いた場合は疲労が溜まりやすく、持続力や集中力が低下してしまいます。ストレスの影響で腸内環境も悪化し下痢の症状がある人は特に注意して下さい。生理中でない時にも疲労感が続き疲れやすい人は体を動かしたりストレッチをするようにして、徐々に生活習慣を改善するようにしましょう。

生理がおかしい

生理がスタートしても血がない場合は?

生理中のトラブルとして生理痛はあるにも関わらず出血がないといった症状があります。その時は生理痛が月経前症候群の可能性があると言えます。だから数日程様子を見るようにして下さい。ほとんどのケースが2日~3日くらいで出血があります。

月経前症候群はストレスが原因で女性ホルモンのバランス崩れることにより症状が出ます。栄養不足、睡眠不足には注意して下さい。ストレスを感じやすく緊張しやすい人が症状が出やすくて生理前に精神的に不安定になりやすい人は意外と多いと言えます。ニキビや生理痛、下痢、便秘の症状が出やすい人、生理がスタートすればその症状はよくなるという人、生理不順な人も大勢存在します。あと食欲が変化する場合もあり過食と食欲不振の時期があると言えます。

生理がおかしい

生理中の経血の量についての説明

経血の量というのは人により個人差があり、ホルモンバランスによっても違ってきます。
ですが経血の量の変化が大きい場合は体からのSOSの場合があります。ですが生理の期間中に経血が途中でなくなった場合であっても、後から再度出血が出るケースもあります。
その場合は、子宮が後ろに傾いているといった症状の子宮後屈である可能性が高いと言えます。

子宮の位置が正常な場合であっても生理の後半に溜まった経血が出る事は少なくありません。さらに急に出血の量が増加した時は貧血になりやすいので注意して下さい。緊張、ストレスによって不眠の症状が出てくる場合もあると言えます。ストレスの発散が上手に出来ない人の場合は睡眠時間を長くするといった風にリラックスタイムを意識して作るように心がけて下さい。

通常の姿勢で起こる肩こり、頭痛の他にもストレスによって出る症状である胃炎、拒食症は体に大きなダメージを与えます。経血の量の他にも生理痛の痛みが普段より強いと思った時には婦人科で診察をするようにして下さい。
≪関連記事≫

※生理の出血が多いの私だけ?気になる経血量について

生理痛をこらえる

過少月経は一体どのような症状なのか?

生理中の経血量が普段と比較し極端に減り経血がナプキンの表面部分に付かないくらいの量で生理が終了してしまう事を過少月経といいます。
さらに通常は1週間程ある月経が、2日以内で終了した場合過短月経と呼びます。その状態だと女性ホルモンの分泌量がかなり少量で、子宮の内膜の厚みが薄い状態だったり子宮の発育が不完全甲状腺の機能の異常が考えられます。既に説明した無排卵の場合も可能性としてはあるので放置すると不妊の原因になる恐れがあるのです。

無排卵の状態でそのままにすると、場合によってはホルモン剤を使用して治療する必要が出てきます。出来るだけ早く病院で診察してもらうようにして下さい。さらに経血の色が薄い場合は貧血の可能性があると言えます。生理中に何かしら普段と違うと感じた時には自己判断をするのはリスクが高いと言えます。規則正しい生活習慣をするようにして、医師に診断してもらい相談した上で治療を行っていきましょう。

毎月の生理がきちんとくるように、健康的な毎日を過ごすことが重要です。ですが一度の生活習慣を大きく改善すると続けることが困難になってしまいます。だから無理しない程度に毎日の積み重ねが大切と言えます。

過少月経

 

強いストレスに晒されると経血の量が変化するケースが

ストレスというのは年齢問わず、経血の量の変化に繋がります。だから上手にストレスを発散することで生理が安定すると言えます。
ホルモンのバランスストレスと密接に関係があるから栄養バランスがいい食事をして、定期的に体を動かすといった生活習慣の改善を行いましょう。ストレスに関しては溜めずに発散し、食事や体を動かす、睡眠不足の解消を心がけて下さい。

毎月生理の度に同様の症状が出ている場合は、出来るだけ早く診察をするようにして下さい。ストレスの他にも原因があり体のSOSの場合があります。体調の変化にしっかりと注意を払いましょう。生理不順の人は生理と不正出血の判断が困難だから、基礎体温をチェックするといいでしょう。

高温期と低温期の相違により不正出血生理が明確になります。
生理痛、生理不順、更年期障害、不妊症などをチェックする場合も経血と体質、生活習慣を確認することが大切と言えます。

ストレス

 

生理の際に経血する血液に関しての説明

生理中には出血があり、その経血というのは子宮の内膜が剥がれ、酵素により溶けて出てきたモノと言えます。
さらに経血が1週間かけて排出されるのは子宮自体のサイズ、ホルモンの分泌量、子宮口の大きさが関わっていると言えます。子宮口が小さいから経血が全て出るまでに日数が必要なのです。

あと子宮後屈等子宮の位置、生理の期間に関わりがあります。さらに血液がきちんと流れやすい角度が生理に影響を与えます。それから経血の色、状態は医師に相談する時にはかなり重要となってきます。経血は個人差があり自分は普通と考えていても実は問題がある場合があるのです。血の量が少量の時には体の血が不足していることが考えられます。食事を見直し体を温めることを意識し運動をして下さい。

注意点



※併せて読みたい!!!!

生理の出血が少なくなる原因、5つ教えます!

 

◎女性ホルモンのバランスを安定させたいあなたへ


この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

冷え取りで温活

からだの冷えをとるために有効な8つの習慣

現代人で冷え性に悩む人はとても多いです。 36.5℃~37℃が理想の体温ですが、低い人なら35度台も珍しくありません。 冷えは万病のもと…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る