生理痛と肌荒れの原因!?2つのホルモンに気をつけよ

肌荒れ

生理痛と肌荒れの悪化や緩和をつかさどるのは2つのホルモンだった!

生理痛と肌荒れのメカニズム

生理に関係する2つのホルモンがあります。
それは、エストロゲンプロゲステロンです。
生理が終わるころ分泌されるエストロゲンは、女性らしさを作り出すホルモンですが、お肌の状態にも大変影響を与えます。
例えば、お肌の角質層の水分を保持して、うるおいを保ったり、真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促したりする働きがあります。
また、排卵後に分泌される、プロゲステロンは、健康な肌にとって、ある程度必要な、皮脂の分泌を促す働きがあります。
このようにお肌の状態も、この2つのホルモンと密接な関係があるのです。
この2つのホルモンバランスが崩れると、生理痛や肌荒れにつながります。
では、なぜ、生理時にお肌が荒れるのでしょうか。
それは、プロゲステロンが体内の水分を蓄えてしまうので、お肌が乾燥します。
さらに、皮脂の分泌も促されます。
しかし、エストロゲンはまだ分泌されていません。
したがって、肌あれが起こってしまうのです。

健康な肌

生理時の肌荒れの対処法

では、黙って時が過ぎるのを待つしかないのでしょうか。
いいえ、対処法はあります!
黙って待ってないで、アクションを起こしましょう。
まず初めに、生理前は、お化粧品を変えないようにしましょう。
生理中はお肌が生理後より敏感になっています。
新しい化粧品を早く試したくても、生理が終わるまで待ちましょう。
また、ホルモンバランスが崩れると肌荒れも生理痛もひどくなります。
ホルモンバランスを崩さないためにも、睡眠はしっかりとりましょう。
睡眠をとって、脳を休ませることが、ホルモンバランスを保つためには重要なことなのです。
それから、バランスの良い食事を摂りましょう。
大豆は女性ホルモンと似たような働きをする、大豆イソフラボンが入っています。
積極的に摂ると、ホルモンバランスを保つのに有効でしょう。

口紅

生理時の肌荒れを悪化させないようにするためには

脂分や、刺激物を摂るのは控えましょう。
脂分や刺激物は、ニキビの原因になります。
また、砂糖の摂りすぎもよくありません。
砂糖を摂りすぎると、血行が悪くなり、お肌に十分な栄養がいきわたらなくなります。
そのため、肌荒れの原因になるのです。
そのほかにも、身体を冷やさないことも重要です。
身体を冷やすと、ホルモンバランスの崩れにつながります。
冷たいものや薄着を控え、身体を冷やさないようにしましょう。

生理の肌荒れを悪化させないために

  • 脂分や、刺激物を摂るのは控えましょう
  • 砂糖を摂りすぎ
  • 身体を冷やさない

 

おわりに

生理痛のひどい時に肌荒れのことまで気にしていられないかもしれません。
しかし、生理が始まる前や、普段から食生活に気を配ったり、睡眠をしっかりとったりすれば、つらい生理痛や肌荒れが緩和できるかもしれません。
また、肌荒れにいいことは、生理痛の緩和にもいいことです。
できるだけ、気をつけるようにすれば、生理痛にも肌荒れにも悩まなくてすむようになるかもしれませんよ。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

妊娠?PMS?

生理前の症状と妊娠の超初期症状について

月経前症候群と妊娠超初期の症状は非常に似ています。 相違点は、おりものの量や臭いや色が違う点。生理前は便秘、下痢、下腹部の痛みの症状が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る