生理痛と眠気深い関係?眠気の7つの対処法

生理と眠気の関係

女性ホルモンと睡眠には深い関係があることが知られています。プロゲステロンの分泌量が生理中はとても多くなります。そのことが原因で生理中の眠気が引き起こされることが分かっています。そこで、眠気に対する効果的な対処策を講じましょう。そして、できるだけゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

 

女性ホルモンと睡眠の深い関係について

生理中は眠くなる人は多いのではないでしょうか?
このことは多くの女性の悩みどころで、生理中は眠くて何もできない、仕事が辛い、眠いけれど夜は眠れないといった声が多くあります。
その原因は生理中のホルモンバランスの乱れといわれています。プロゲステロンとよばれる女性ホルモンの分泌量が生理中はとても多くなることがあるのです。増えたプロゲステロンは眠気を引き起こすことが分かっています。また黄体ホルモンには体温を上げる働きがあって、睡眠中に体温が上がると睡眠の質が低下してしまうのです。そのため、就寝してもぐっすりと眠ることができずに睡眠不足になってしまい、翌日眠くなるのです。
女性ホルモンであるプロゲステロンは体つきを女性らしくするホルモンで、子宮内膜を厚くする作用があります。生理にも関係し、排卵期の終わりごろから生理までの期間多く分泌されています。

眠っている女性

生理時の眠気のメカニズムについて知ろう!

生理中に強い眠たさを感じる人は多くいます。
そこで生理時の眠気のメカニズムについて説明します。生理時の眠気にはホルモンバランスが大きく影響しています。生理前は黄体ホルモンとよばれるプロゲステロンがたくさん分泌されています。
このホルモンには体温を上昇させる働きがあるのです。ところが、人の身体はに体温を一定に保つ働きがあって、プロゲステロンによる体温上昇が起こると、逆に、体温を下げようと身体が働くのです。
体温が下がると、人は眠気を感じやすくなって、生理前や基礎体温が下がる生理中は特に眠気を感じやすくなるというメカニズムがあるのです。
また、プロゲステロンには体の中に水分をためる働きもあって、むくみやすくなるという作用があります。むくむということは、体の老廃物が外に排出されにくい状態であるともいえ、その結果、体が重くてだるいといった症状が出てくるのです。
また、女性は生理周期に合わせて低温期高温期があります。
プロゲステロンが多く分泌される高温期には体温が上昇します。低温期にはプロゲステロンが少なくなって体温は低下します。生理痛が起こる時期は体温が低くなる時期になります。体温が下がっている時には寝付きも悪く、熟睡できていないことがあり、昼間の眠気につながっているといわれるのです。
さらに、プロゲステロンにはリラックス作用を引き出す副交感神経活性化作用があります。そして、副交感神経は興奮状態を引き起こす交感神経と相互作用関係があり、プロゲステロンの減少は興奮状態を持続させるということにもなっています。
プロゲステロンが少なくなると体温も低下するため、体温が下がる時にはリラックス作用も低下します。そのため、プロゲステロンの減少が眠気に影響を与えていると考えられているのです。

眠たい女性

 

困った眠気があるときの7つの対処方法

生理前や生理中の眠気は女性なら誰でも経験があるといえますが、そうはいっても昼間の眠気は日常生活に支障をきたさないともいえず、女性にとっては深刻なものなのです。そこで、眠気の7つの対処法を紹介したいと思います。

 

①自分の身体を知る

まず、自身の体について知っておくことが大切です。そのため、基礎体温を測って、ホルモンサイクルの中で一番ひどい眠気があるのはいつなのかを調べましょう。もし、体温が高温になる黄体期に眠気がある場合、ホルモンの影響である可能性が高くなります。自身の身体の状態がわかれば、その時期に合わせてピンポイントで対処を考えることができますのでおすすめです。

 

②質のいい睡眠をとる

質のいい睡眠をとるための工夫として就寝時間を一定にしましょう。良い眠りのためには、不規則な生活をしないようにすることが大切です。

 

③朝日を浴びる

朝、目覚めたらすぐに朝日を浴びるようにしましょう。朝に浴びる太陽の光は、体内時計をリセットする働きがあります。体内時計がリセットされると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌は止まります。そして眠気が取れて目がしっかりと覚めるのです。
人間の体は朝日を浴びた時間によってその夜の眠くなる時間が決まるのです。そのため、就寝時間を一定にすることができるのです。

 

④寝る前に軽く運動をする

寝る3時間くらい前に適度な運動をするようにしましょう。寝る3時間くらい前に軽く運動をすることで体も温まり、リラックスしやすくなるので眠りやすくなります。また、その後お風呂にゆっくりとつかることも睡眠の質を上げるのに効果的な方法だといわれています。

 

⑤寝る前に刺激を与えない

夜寝る前にカフェインを摂取したり、テレビを見たり、パソコンや携帯を使用するのは避けるようにしましょう。就寝前にこれらのことをすると意識が覚醒してしまい、なかなか寝付けなくなってしまい、寝不足になってしまいます。

 

⑥病院に受診する

これらのことを実践しても改善が見られない場合には、医療機関を受診することをおすすめします。生理前に眠りが浅かったり眠れなくなる症状を月経前不眠症といいます。
そして、強い眠気が出るといった症状を月経関連過眠症と呼びます。これらの症状があれば、深刻な場合はドクターに相談し、薬を処方してもらいましょう。病院で処方してもらう薬は、主に経口避妊薬になります。経口避妊薬を使用して月経周期を一定にします。
そうなると低温期も高温期もなくなり、生理前の眠気が改善するのです。他にも漢方薬などもありますので、先生に相談してみましょう。

 

⑦ストレスをためない

できるだけストレスを溜めないようにしましょう。生理前の黄体期にはホルモンの影響で身体の不調がさまざまと起こる時期になります。そのため、できるだけゆったりと過ごしましょう。

 

生理中の眠気に関するNGポイント!

眠気を抑えるときに、一番に思いつく方法は何ですか?
コーヒーを飲むこと」という答えがとても多く聞かれます。しかしこのコーヒーを飲むこと!、生理痛を悪化させます。
コーヒーに含まれるカフェインが体が冷えさせプロスタグランジンの分泌が促進されてしまうのです。必要以上に多く出過ぎてしまうことによって、生理痛がひどくなってしまいます。

 

生理とコーヒーの関係

 

生理中はできるだけゆったりと過ごしましょう!

このように、女性ホルモンと睡眠には深い関係があります。プロゲステロンとよばれる女性ホルモンの分泌量が生理中は異常に増えることがあって、増えたプロゲステロンが眠気を引き起こすことが分かっています。そのため、眠気に対する対処策を講じてできるだけゆったりとした気持ちで過ごすことをおすすめします。

ストレッチする女性

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

腹痛

早く受診しよう、生理終わりのこんな症状は危険!

生理の終わりごろになると経血の色や量も変化し、はじめ頃と比べると大きな違いがあります。また、生理が終わりかけにも出血が止まらない場合には、不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る