生理中にコーヒーはダメ?カフェインがもたらす2つの作用

カフェイン

あなたが飲んでるそのコーヒー、生理痛を悪化させていたって知っていますか?
カフェインと生理痛との関係性について、さらにそのカフェインがどのような影響を生理中の体に及ぼしているのか?なぜ生理痛が悪化しているのかをお伝えします。

 

生理痛とカフェインの意外な関係性とは?

生理痛は女性が長年付き合わなくてはならないものです。
できることならば、この痛みを緩和させたい、という方もいらっしゃるでしょう。
生理痛の原因として考えられることに、冷えが挙げられます。冷え性の方は生理痛がどうしても酷くなってしまう、ということも非常に良くあることです。そのメカニズムとしては、子宮を収縮させて、血液を子宮から押し出す際に、プロスタグランジンという物質が分泌されるのですが、これが過剰に分泌されると生理痛は酷くなるのです。
そして、このプロスタグランジンは血液の巡りが悪いと、骨盤に溜まってしまうのです。大量に溜まってしまったプロスタグランジンによって、痛みが過剰になってしまう。そして、血の巡りを悪くしてしまう原因として考えられるのが冷えなのです。

冷えの対策として考えらえることは、自分の体を温めることです。運動や厚着、布団などにくるまって体を温めることができますが、それはいつでもできる訳ではありません。外出中や仕事中などに簡単に体を温める方法として思いつくのは、暖かい飲み物を飲むことでしょう。もちろん、それは効果的です。

しかし飲み物選びが重要なのです。飲み物としてコーヒーを摂取される方も多いでしょう。また、緑茶などを飲まれる方もいらっしゃいますね。
しかし、このコーヒー緑茶などは、実は冷えを悪化させ、生理痛を酷くしてしまう可能性があるのです。
その原因として考えられるのが、コーヒーなどに豊富に含まれるカフェインなのです。

 

コーヒーを飲む女性

カフェインが体を冷やしてしまう2つの作用とは?

カフェインが冷えを悪化させてしまう、ということはなかなか耳にすることではありません。
むしろ、仕事中に積極的に摂取して、目を覚まさせるなど、非常に嬉しい効果があるものだと捉えている方も多いでしょう。実は、その効果と冷えを促進させてしまうのは同じ効能によって起こってしまうのです。その効果は、神経を刺激して覚醒させる作用と、血管を収縮させる作用の2つです。これらによって、生理痛は悪化してしまうのです。

腹痛

 

カフェインを摂取してしまうとどうなるのか?

カフェインの摂取によって、生理痛が悪化してしまうメカニズムとしては、まず、神経を刺激することによって、生理中に良く起こるイライラを悪化させてしまう症状です。
次に血管を収縮させてしまう効果についてですが、これが何よりも冷えを悪化させ、生理痛自体を悪化させます。また、プロスタグランジンの分泌量を多くし、しかも骨盤に溜まってしまうことによって、生理痛が長引いてしまうことも考えられるのです。
また鉄分の吸収までも阻害してしまいますから、貧血気味の方は、生理で血を失ってしまう上に、血液を増やすことまでも阻害してしまいます。
ですので、カフェインの効果は、いつも通りの体調の時にはもちろん嬉しい効果があるのですが、生理中にはかなり生理痛の悪化、長引かせてしまう可能性までもありますので、生理中にはできるだけ、カフェインの摂取は控えておいた方がいいと言えるでしょう。

 

生理中のカフェイン断ちは非常に大切

これまで説明したように、生理中にカフェインを摂取することはあまりいいことではありません
ですので、できるかぎりカフェインの摂取は避けておいた方がいいのです。
特に、体を温めるため、という理由では逆効果になってしまいますから、そのようなときは必ず別の飲み物を飲むようにした方がいいでしょう。しかし、カフェインを毎日飲んでいるような方でしたら、依存症の場合もありますし、生理中だからと言って、カフェインを絶つことは非常に難しい事です。

また、栄養ドリンクやコーヒーなど、カフェインを含んでいる飲料は非常に多くありますし、日常的に摂取している方はたくさんいらっしゃることでしょう。生理中だとは言え、自分の体のためだとは言え、カフェイン断ちは難しい事です。しかし、必ず飲んではいけない、という訳でもありません。カフェインによる効能は生理痛にとって悪影響であることは変わりませんが、飲みたいのに我慢をするということはストレスに繋がります。
ストレスも生理痛を悪化させる原因ですから、無理に我慢することは生理痛にとっても決していい事ではないのです。1日一杯~二杯程度ならば、別に飲んでも構いません。
そうすることでストレスを緩和できるのならば、多少ならば全然大丈夫です。ただし、たくさん飲みすぎてしまうのは確実に体にとって悪い事ですから、それだけは避けるように努力しましょう。

また、どうしても飲みたい、というのであれば、ノンカフェインの飲料で代用するといいでしょう。生理中ならば、ハーブティーはおすすめです。
コーヒーの中にはノンカフェインのコーヒーも売られています。また、インスタントコーヒーよりも、ドリップのコーヒーならば、酸化しにくいという効能もありますので、そちらをできるだけ摂取するというのもカフェインを無理に我慢しなくとも、生理痛の悪化を抑えることが可能です。カフェインを含んでいる飲料はたくさんあります。ですからそれらをいちいちチェックするのは面倒な事でしょう。けれども、今ではペットボトル飲料などでノンカフェインを謳っているお茶などもありますので、それらを選んで飲むこともオススメです。
ちょっとした工夫で我慢せずにカフェインと上手に付き合って行く方法が見つかるはずです。なるだけ体をあたためてあげましょう。生理痛を和らげる一番のポイントです。

ブレンドハーブティー

 

カフェインが及ぼす生理痛の注意点

・ノンカフェインの飲み物を飲む

・1日にカフェインの飲み物を1~2杯抑える

・鉄剤と一緒にカフェインを摂取しない

 

~ 併せて読みたい!! ~
生理痛緩和する3つのハーブで、美味しく癒やされましょう

 

 

 

 

美めぐり習慣 (さくらの森)

鉄分不足のあなたにおすすめのサプリ
飲みやすさと成分にとことんこだわった、女性にやさしいサプリメントです。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

女性ホルモンを増やして元気

女性ホルモンの分泌を促進させる為の9つ方法

女性は誰だっていつまでも若々しくいたいと思うし、キレイになりたいと望むものです。 その為に絶対に必要なのが女性ホルモンのバランスを整えるこ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る