辛い生理痛と体の冷えには密接な関係!

冷え性

真面目で几帳面、完璧主義者の人は要注意!

生理痛と冷えの関係

女性は冷え性の方がとても多く、悩んだ末にいろいろな情報やグッツを試してみた方も多いのではないでしょうか?特に生理中は冷えをより強く感じる人が多いようですが、それはいったいなぜなのでしょうか?生理中はいろいろな原因から全身の血行が悪くなり、十分な血液中の酸素や栄養が全身に行き渡らなくなります。そのため子宮や卵巣を含めた内蔵の働きが低下し、ホルモンが過剰に分泌され、老廃物がたまります。それらが生理が始まると同時に一気に外に出す事から痛みが生じてしまう事になるのです。 出血がうまく行われないと子宮がうっ血するため、より一層冷えやすくなるのと言われています。

経血の色が濃かったり、普段からよく冷たい飲み物を飲む、お風呂は湯船に浸かる事なくシャワーで住ませる事が多い、気がつくと手足がいつも冷えている。。。こんな症状の人はけっこう多いのです。ファッションの流行で特に夏になると露出度の高い服をきたり、薄着、お腹周りがそのまま出ているような洋服も体の冷えを招く元。一つでも当てはまる人は冷えの原因を見直してみてはいかがでしょうか?

寒がる女性

冷えが生理に及ぼすメカニズム

生理痛の一番の原因はプロスタゲランジンという物質ですが、プロスタゲランジンが全身の血管を収縮させ子宮内膜をはがすときにはたらきかけることで生理が起きます。しかし、体が冷えてしまうと血行が悪くなり子宮の機能が低下し十分な酸素と栄養を送れなくなってしまいます。そのため経血を体の外にうまく出せなくなってしまうのです。すると子宮はより収縮させて経血を排出させようとするのでプロスタゲランジンの分泌が多くなります。この分泌の量が増えれば増えるほど生理痛は重くなって行きますので、悪循環が始まってしまう訳です。そしてその冷えから下腹の痛みや頭痛、腰痛などの痛みが生じ、生理痛だけではなく生理不順や婦人科のいろいろな病気を招く結果になってしまう方もいるのです。普段から低体温で手足が冷たい人や貧血気味で生理不順が続くような事があれば。冷えの改善、もしくは婦人科で診察をしてもらうことも視野に入れておきましょう。

医者に相談

冷えからの生理痛緩和のポイント

冷え性の人にオススメなのがお腹周りを温めることです。おへそから下の部分には自律神経や太い血管が通っていており、このあたりをカイロなどで温めると全身がポカポカになりますよ。理想は骨盤全体を温める事。おなかの下だけではなく後ろも横も。ですので、ハラマキをすることもとても良い効果が現れます。今は夏でも通気性がよく薄手のハラマキがありますのでぜひお試しください。

35歳を過ぎるとより血行が悪くなります。腰回りだけでなく首、手首、足首という「首」と名前がつく箇所は冷えないようにしましょう。夏冷房にあたりすぎて冷えるひとなどストールやブランケットを仕事場にも持ち寄り、足下は生足にサンダルではなく靴下やレッグウォーマを着用すると良いでしょう。とっておきのお洒落は特別な日だけに楽しみましょう!

そして乾燥させたショウガを紅茶に入れ、はちみつを少し混ぜたジンジャーティも体の内側から暖まり生理痛には効果的です。暖かい飲み物を飲むとリラックス効果もありホっとしたい時にオススメですね。

あとはやはり適度な運動です。特に下半身を鍛えたいので太ももとふくらはぎも最も効くスクワットが良いそうです。そんなのやりすぎてムキムキになったら洋服が似合わなくなると心配するかもしれませんが、大丈夫です。ムキムキになるには相当鍛えなければいけません。少し汗をかく程度にゆっくり継続的にやってみましょう。骨盤内の血行が良くなり足先の毛細血管を鍛えられるという冷えには有効な運動です。

緊張からの生理痛緩和のポイント

  • お腹周りを温める(カイロや腹巻)
  • 防寒を夏場でも手をぬかない
  • 暖かい飲み物を飲む
  • 軽い運動で冷え解消

 

おわりに

近年冷え性で悩んでいる女性はたくさんおります。体の冷えは生理痛を悪化させることだけではなく、様々な婦人科系の病気をもたらし、将来妊娠や出産を希望している人にも大きく関わってくる問題でもあります。ぜひ簡単なことからでいいので、冷えの改善を!薬に頼るのは最終的な判断として体を少し動かしたり、ゆっくり湯船につかったり、暖かい飲み物に代えたりするところから始めてみませんか?生理痛の緩和のためにも、冷えについて改めて振り返ってみましょう。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

冷え取りで温活

からだの冷えをとるために有効な8つの習慣

現代人で冷え性に悩む人はとても多いです。 36.5℃~37℃が理想の体温ですが、低い人なら35度台も珍しくありません。 冷えは万病のもと…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る