生理中のお酒の飲み方に注意!女性らしく

アルコール

生理痛だけではなく他の臓器への負担も

生理痛とアルコールの関係

最近では女子会や女性の社会進出が進んだ事からお酒をたくさん楽しむ方が増えています。ついつい話に花が咲いてお酒が進んでしまったり、会社の付き合いでどうしても飲まなくてはならない場合もあるでしょう。ごく少量であれば生理中でももちろん厳禁ではありません。程よく気分をリラックスさせてくれる作用もありますから上手くお酒とも付き合っていきたいところです。

生理前から生理中にかけて、この期間はいつもよりも酔いやすくなります。いつもと飲む量が変わらなくても酔いが回るのが早かったり気持悪くなったりしたことがあるのではないでしょうか?生理中は、体の機能が低下するので、アルコール分解能力が鈍り、いつもより酔いやすくなってしまうのです。すると、アルコールを分解する肝臓にも負担がかかり、悪酔いしやすくもなります。

アルコールいろいろ

アルコールが生理に及ぼすメカニズム

お酒が好きな方なら楽しくなって飲み過ぎてしまうことも多々あると思いますが、適量を超えてしまうと生理の痛みをより強く感じてしまうことがあります。生理中は体を休めたい時期であるにも関わらず、お酒で肝臓への負担が増えてしまうことになり、肝臓でアルコールを分解する際には、ビタミンBとマグネシウムがたくさん消費されてしまいますので貧血気味になることも。また、ビタミンBは女性ホルモンのバランスを崩し生理痛が重くなる場合もあるのです。

そして普段から生理痛がひどく鎮痛剤を常に飲んでいるという方はアルコールとの相互関係、お薬との併用は体に大変大きな負担がかかることもあるのでよく注意して、なるだけアルコールを控えるようにしましょう。

お酒を断る女性

アルコールが及ぼす生理痛のポイント

一番の予防はやはり生理中のお酒を控えて他の体を暖める飲み物に代える事ですが、そうもいかない場合もありますよね。前々から約束していた飲み会や食事会では周りの雰囲気と合わせるためにも形上お酒をオーダーせざる得ない事もあるでしょう。何よりもお酒が好きな人にとっては自分だけ飲めないなんて辛い状況に耐えられないと思いまので、飲む量をいつもよりだいぶ減らしてたしなむ程度にしましょう。

お酒を摂取することは悪い事だけではありません。少量であれば血行がよくなり体を暖める作用もあります。梅酒をお湯割りにしたり、ホットワイン、ホットサングリアなどチョイスしてみてはいかがでしょうか?お酒のなかでも焼酎は体を冷やす作用が働くと言われていますので、生理中の時は控えましょう。

アルコールが及ぼす生理痛の注意点

  • お酒を控えて他の体を暖める飲み物に代える
  • 少量のアルコールは血行がよくなり体を暖めます
  • 特に焼酎はよくない

 

おわりに

大人の楽しみの一つとしてお酒はリラックスできる大切な要素でもあると思います。
くれぐれも過剰に摂取しないように付き合えばさほど問題はないでしょう。アルコールのとり過ぎは生理痛を悪化させるだけではなく、下痢や嘔吐など胃や肝臓への負担も多くなります。アルコールの成分は男性ホルモンの分泌を促す効果もあり、女性ホルモンのバランスを崩し生理が止まってしまうこともあるそうです。そうならないためにもお酒の飲み方を自分なりに見直ししてみましょう。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

生理の症状は年代ごとで違ってくる?年代ごとの変化を紹介

女性の身体には女性ホルモンの影響で周期的に生理が来ます。 10代から始まる生理を繰り返す経過において、心身の状態はその後も変化していきます…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る