生理中のSEXのメリットと大きすぎるデメリット

生理 セックス

生理中のSEXについて、生理とSEXによる関係性とメリットをまず述べて、その後に起こり得るデメリットを解説し、若い方が間違えやすい、生理と妊娠との関係性を述べた後、どのようにして生理中のSEXを避けられるのかを女生と男性の場合で解説した上で、最後にまとめに危険性を理解して生理中のSEXは避けるべきだと述べています。

 

生理とSEXの関係?女性と男性で違う?

女性に毎月欠かさず起こる生理ですが、生理中に限って性欲が湧いてきてしまうという方もいらっしゃるでしょう。中には生理中には全く性欲が湧かない、という方もいらっしゃいます。
男性でもこれは両者いるようですが、生理中にSEXをしたいと思う男性は少数派のようです。

では、女性は一体どう思っているのでしょうか?
女性も実は2つに分かれるんです。

女性ホルモンの影響もあってか全く性欲を感じない人と、いつも以上に性欲を感じてしまう人…人それぞれのようです。
しかし、生理中の性行為は女性にとってはデリケートな問題。病気の心配や感染の心配、体への負担もかかりやすいものなのです。

 

生理痛はSEXで和らげることができる?

率直に言えば、生理中のSEX自体にはメリットがあるかと聞かれれば、生理痛を和らげることができるというのも事実です。
無理に行うようにとは決して言えませんが、SEXによるオーガニズムによって、痛みを和らげることのできるエンドルフィンオキシトシンなどのホルモンが分泌されます。
これらのホルモンは体内から分泌される鎮痛剤のようなものです。ですので、生理痛自体を緩和することができるのです。また、その他の効能としても、生理中に感じてしまい易いストレスを緩和することができ、そうすることによって血圧を下げることもできるんです。

また、SEXをすることで骨盤底筋の強化もすることができるので、別角度からの生理痛の改善も行えるようになります。また、パートナー同士の新密度も高まり、信頼することのできる相手と一緒にいることができるということだけで、リラックスすることができるようになりますから、気持ち的にもかなり安心することができるのです。

これだけを言っていると、かなり効果があるように思えますが、いいことだけではありません
どちらかといえば生理中のSEXは、リスクのほうが高いことを理解しなければなりません。

生理中セックス

 

生理中の子宮は非常に傷つきやすいもの!感染症にも注意が必要!

生理中の子宮は相当傷つきやすくなっています
そもそも、生理自体が子宮の内膜を剥がし、それを体外に出す行為です。そう考えれば、生理中の子宮がかなり傷つきやすくなっているということが理解できるでしょう。
その最中にSEXをしてしまうと、男性器を挿入する訳ですから、子宮などを傷つけてしまう外的要因になってしまうのです。

さらに、血液は潤滑油の効果は全くなく、むしろ、かさかさとした液体ですので、余計に膣内を傷つけてしまう要因となってしまうのです。
そうすると何が起こるかと言えば、まずは痛みを伴うようになってしまうことが挙げられます。そうなると、生理痛以外の痛みに耐えなくてはならなくなるので、本末転倒だと言えるでしょう。

 

さらに、これが最も懸念されることですが、子宮内や膣内に傷がついてしまうと、様々な病原体が侵入して、感染症を引き起こしてしまうリスクを高めてしまうのです。
ただでさえデリケートな部分ですので、それが生理によりより一層傷つきやすくなっています。病原体などは空気中に存在するものもありますから、性病以外の病原菌ウィルスの侵入を許してしまい、そこから感染症に発生してしまう恐れがあります。
また、感染症のことを言えば、女性側に血液感染する感染症をもっていれば、それが男性に移ってしまうことも考えられます。これは女性側にとっても、男性側にとっても大きなリスクだと言えるでしょう。また、生理中は免疫力も低下しているので、通常以上に感染症にかかりやすい、ということも懸念されるのです。

リスクとして考えられることはこれだけではありません。生理中の痛みを感じながらのSEXで、その痛みをこらえていると、SEXをする意欲が低下する性的意欲障害になったり、普通のSEXであっても、痛みを感じるようになる成功疼痛症になるなど、女性性機能障害を引き起こしてしまう場合もあります。

 

生理中のSEXで子宮内膜症のリスクが高くなる!

最大のリスクとしては子宮内膜症を引き起こしてしまう原因となってしまうのです。
子宮内膜症とは子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜や、その他の組織類が子宮以外の場所にできてしまう病気のことです。これは最悪の場合は不妊の原因にもなりかねません。
女性にとってつらい病気ですが、何と言ってもこれは自覚症状が無い場合もありますし、かなり強い痛みを伴ってしまう場合もあります。大変恐ろしく、一度かかるとかなり苦しい症状に悩まされる深刻な病気です。

その原因は実はきちんと解明されている訳ではないのですが、原因の一つとして、血液の逆流が挙げられると考えられているようです。
そうすると、生理中のSEXによって、押し戻されてしまった血液が体内に滞ってしまい、子宮内膜炎が起こってしまう、ということが理屈としては考えられます。そもそも、生理によって体外に出て行ってしまわなければならないものはたくさんありますから、それらを押し戻す様なSEXはできるだけ行わない方がいいのではないか、ということが考えられます。リスクとして考えられるのはこれらのものです。
どちらも、女性にとってはかなり苦しい症状を訴えるものになることが考えられます。また、不妊になってしまう可能性があると考えるだけでも、末恐ろしい行為なのだということも理解できるでしょう。

例え、メリットがあると知っていても、これらのリスクを考えれば、できるだけ行いたくないと考えるのが一般的でしょう。子宮や膣は非常にデリケートな器官ですから、生理中のSEXはそれらに無理な負担を与えていることと同じなのです。
百害あって一利なし、という訳ではありませんが、生理中にしたい、という気持ちでさえもできるだけ抑えておいた方が良いようです。

病気になってしまえば一生の問題ですので、今も生理中にできる、と考えている方であっても、考え直した方がいいかもしれません。病気になってしまえば手遅れです。

生理中のセックス

 

生理中だから妊娠しない、という間違った考え方

リスクやメリットとは違いますが、よく生理中だから妊娠しないのでは、と思われる方が多いようです。
特に、十代や二十代の方は、しっかりと性教育は行っているものの、そのような知識の中で、生理中は妊娠しないという都市伝説的なものがまことしやかにささやかれており、それらを信じている若い方も非常に多いようです。

しかし、これは大きな間違いで、生理中であっても着床する可能性は大いにあります
女性の排卵は基本的には定期的なものですが、ストレスなどの外的要因で不定期になってしまっている、という方もいらっしゃいます。また、不定期な排卵を引き起こしてしまう最大の原因はSEXの刺激とも言われています。
それによって、生理中であっても排卵してしまう場合があり、その時にドンピシャで妊娠してしまう、というケースもあるにはあるのです。ただし、このような場合は比較的稀なパターンでしょう。
ただし、稀なケースであってもそれに当たってしまえば元も子もありません。ですので、生理中は安全日だから大丈夫だ、なんて口の甘い言葉に乗せられてしまい、避妊具もなしてSEXをしてしまうのは、妊娠の危険性もある行為なのです。
もしも、生理中にSEXをしたいのであれば、妊娠しないという保証はどこにもありませんので、もしも妊娠を望んでいないというのならば、避妊具を利用した方がいいと言えるでしょう。もっとも、それ以外のリスクがあまりにも大きすぎる行為ですから、実際には全くオススメできません。

妊娠の可能性

 

もしも生理中でもどうしてもSEXしたくなったら?

生理中であってもどうしても、ということはある方には良くあることでしょうし、無い人にはとにかくしないことです。
しかし、リスクなどを考えてみると明らかに我慢しておいた方がいいに決まっているのです。しかし、その我慢をすることがどうしようもなく難しいというのも、理解できることです。その上、それらの気持ちの積み重なりは新たなストレスを生んで、生理を長引かせてしまう結果になります。それらもできるだけ避けたいことでしょう。

ですので、我慢するためにも別の欲求を満たして解消すると言う方法があります。
例えば、食欲を満たすことです。特にダイエットをしていたり、常日頃からカロリーが気になってなかなか手を付けられないような甘いものを食べてみるなどすると、意外とムラムラとした気分を解消させることができるのです。
もちろん甘いもの(チョコレート)は生理痛を悪化させますので、 食べ過ぎは禁物です。
男性の場合はそのようなことはほとんどなく、女性の場合だけは、好きな食べ物などを食べたい、お腹いっぱいに甘いものを食べたいという欲求は性欲よりも優位に立つことがあるようです。このような方法も意外としっかりとした効果を出してくれる場合もあります。

また、別のことに集中して、意識を逸らしてみることも手段の一つです。
ただし、生理中ですので過激な運動は避けるべきです。ストレッチなどでしたら、簡単にしかもゆったりと行うことができますので、体にかける負担を少なくすることができます。生理中のもやもやとした気持ちや性欲を抑えるためには、運動もまた効果的なのです。
ただし、無理をしないように注意しましょう。趣味の一つでもあるかと思いますが、信頼できる友達と好きなだけ騒ぎ合うこともいいでしょう。信頼できる友達、特に同性の中で心を許せる友達に自身のことを打ち明けるような派手なトークをすることも大変効果的でしょう。ただし、一人でいるほうが楽な方は無理せず自分の時間をゆっくりと過ごしましょう。一番大切なものは自分自身の体ですので、きちんと配慮しながら行うことをオススメします。

これまで紹介してきたものは、あくまでも女性自身が生理中にSEXを行いたいと思っている場合です。
逆に男性側から求められてきた場合はどうしればいいのでしょうか。もちろん、SEX自体は断った方がいいと言えます。ただし、断り方も雑に行ってしまったり、ついかっとなってイライラをぶつけてしまうことも生理中には良くあることです。
しかし、だからと言って全ての事情を呑み込んでくれるような男性は殆どいません。中にはいたとしても、イライラをぶつけてしまっては、パートナーとの関係が悪化する原因にもなりかねません。ですので、やんわりと断るなり、これまで得たリスクのことを説明することもいいでしょう。そうすれば、一般的な思いやりのある男性がパートナーであれば、普通は諦めてくれるはずです。

一番大切なことはパートナーにも生理中にSEXを行うことの危険性を分かってもらって、その上で諦めてもらう、ということです。それでもどうしてもしたい、というのであれば別の手段で、というのが最も理想的でしょう。お互いに話し合って、パートナー同士で納得できる妥協点を見つけあえることが一番です。
女性は我慢して無理にSEXをしてしまうということが無いように気を付けましょう。

男女

 

生理中のSEXはハイリスク、ノーリターン

これまでに説明したことから、生理中のSEXはメリットこそあるものの、それを大きく上回るリスクを潜んでいることが分かりましたね。
最悪の場合は不妊になってしまう場合もあります。ですので、生理中のSEXは避けておくに越したことはないのです。

性欲を我慢する方法はたくさんあります。別の欲求で我慢することや、運動や趣味など、自分自身の好きなことをとことん行って、それに注意を寄せることで性欲を忘れようとすることも非常に有効的ですし、どうしてもダメならば自分で処理をするのが最も無難です。ただ、相手が求める場合もありますので、そのような場合には応えなくちゃいけないと思ってしまう女性もいらっしゃるでしょうが、やはり、それは危険なことですので、どれくらいの危険性があるのか、それをパートナーにも知ってもらって、生理中だけでも諦めてもらえるように説得しておいた方が一番でしょう。

SEXも生理も人間として生きていく上では避けては通れないものでしょう。ですが、生理中のSEXだけは、自分自身の体のためにも、自分自身の将来のためにも、できるだけ行わない方がいいのです。それを肝に銘じて、きちんと理解し、また、パートナーとも理解しあって、お互いのことを尊重し合えるような関係を築き上げるようにしましょう。

手をつなぐ男女

 

◎併せて読みたい!!!

生理前の症状と妊娠の超初期症状について

あなたの生理遅れていませんか?遅れる5つ理由と原因

 

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

腹痛

早く受診しよう、生理終わりのこんな症状は危険!

生理の終わりごろになると経血の色や量も変化し、はじめ頃と比べると大きな違いがあります。また、生理が終わりかけにも出血が止まらない場合には、不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る