ストレスがあなたの生理痛をより苦しめている

ストレス

生理の時に下痢になる理由知ってた?理由を知って、対策を練ろう!

生理痛とストレスの関係

日常生活の中、誰しもがノンストレスで楽しい毎日を過ごたら幸せなんだろうと思えますが、それはなかなか難しいようです。なぜならば、自分自身で感じるストレスは仕事場での人間関係やパソコン作業による眼精疲労、受験勉強での頭の使い過ぎ、恋愛トラブルなど様々ですが、その他に気候の変化や騒音、匂いなど気づかないうちにストレスとして感じているものなのです。

ではストレスがたまるとなぜ生理不順になったり不正出血がおきたり月経トラブルが起こりやすくなってしまうのでしょうか?それは生理が子宮や卵巣だけで起きているものではなく脳でコントロールされ自律神経もおおいに関係しているため、ストレスの影響を多大に受けてしまうのです。それではもう少し詳しくその関係性についてお話しましょう。

生理のストレス
ストレスと生理痛のメカニズム

いろいろなストレスが生理痛と関係している一番の原因は子宮にあります。女性であれば誰でも持っている子宮ですが、将来子供が欲しい人にとってもとても大切な場所です。生理不順が原因で不妊症になってしまうことも原因のひとつなのです。それでは少し子宮の事についてお話いたしましょう。

生理の正常な周期は25~38日になりますが、大きく分けると月経期と排卵期の2つに分かれます。あかちゃんのお布団のような子宮内膜が剥がれ落ちる月経期は子宮は広がります。そして排卵期の頃には逆に子宮はギュっと縮まるのです。排卵痛のある人ならその感覚がわかる人もいるかもしれません。このように正常な子宮は常に伸縮しているのですが、心や脳が疲れていると肩こりのように固くなり緊張した状態が続いてしまうのです。これが生理不順へのはじまりです。生理不順や不正出血など月経トラブルを放ったままにしておくと、子宮もそれが当たり前の状態になってしまい、生理がとまってしまい、あげくの果てには妊娠しずらい体になっていきます。そうならないためには女性の心ともっとも繋がっている子宮をより大事に大切に考えてあげてほしいのです。

女性周期グラフ

ストレス生理痛の予防ポイント!

これまで脳と心と子宮がより繋がっている事についてお話してきましたが、生理痛が重くならないためにはどんな事を普段から予防していけばよいでしょうか?それについて考えてみましょう。まずは自分がストレスと感じている事を思い浮かべてみましょう。

たとえば、仕事で毎日長時間パソコンの前で座っている人であれば、5分でいいので体を動かして少しストレッチしてみましょう。血液の循環を流して行くとスッキリしていきます。そして長時間のパソコンは目に大変大きな負担をかけています。お昼休憩など利用して目を閉じてリラックスタイムを心がけましょう。ハーブティなども心がホっとしてオススメです。

恋愛関係や夫婦間でのトラブルも大きなストレスですね。何をしていても泣きたくなってしまったり、誰にも言えず一人で悩んでしまったり。。。一人になれる場所で思い切って泣いてしまいましょう。意外とスッキリするものです。そして日記や紙に文章として書いておく事も、客観的に自分の気持を改めて知ったり、気持の整理ができて心が軽くなるでしょう。

ダイエットのし過ぎで大好物を我慢している人もストレスに。せっかく痩せても生理不順で肌がガサガサになったり髪にツヤが出てしまっては元も功もありません。栄養バランスを考えてたまには自分にご褒美をあげて、過度のダイエットはほどほどにしましょう。

そしてなんといっても一番の予防はやはり睡眠です。毎日快適な睡眠をとれるようにお風呂にゆっくりつかったり、アロマなどで好みの香りに包まれたり、ヨガやストレッチマッサージなどで体をほぐすこともよいでしょう。パソコンやテレビ、照明を落として好きなお茶を飲んでみたり、自分に一番リラックスできる方法を見つけておきましょう。

ストレス生理痛の予防ポイント!

  • ストレッチ
  • ハーブティ
  • 無理なダイエットをしない
  • 睡眠をとる

 

おわりに

本来生理は健康な女性であればきちんとした周期でくるものです。それが崩れてしまっているということは何かしらの原因があるのです。心のバランスに歪みが出ていたり、大きな病気が隠れている事なども。考えただけでもぞっとしますが、自分の体は自分で守ってあげましょう。心も体も姿も女性らしく綺麗でいられるように一日の中で自分の体の事を振り返る、問いかける時間を少しでも作ってあげる事が一番の改善方法になるかと思います。

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

生理不順?

生理不順になる2つの原因?子宮を柔らかくすれば解決

生理不順になる2つの原因には子宮が固くて経血が排出されにくいことと、子宮の血液がドロドロの状態になっているということが挙げられます。そのため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る