生姜パワーが生理痛を救う!?食べて健康、痛みもさよなら

生姜

カラダを芯から温める生姜で生理痛が緩和する。

現代女性の「苦行」といっても過言ではない「生理」、そして「生理痛」。
特に生理痛に関しては、仕事や家事が出来なくなるほどの激しい痛みに襲われる人もいると聞きます。
しかし、昔から女性にとって生理や生理痛が苦行だった訳ではありません。昔の女性はとても生理が軽く、3~4日で終わっていたし、生理痛などのトラブルも酷くなかったと言われています。

現代女性と昔の女性、身体の仕組みは同じなのに何故こんなにも生理の状態に差があるのでしょうか?それは、現代女性は昔の女性以上に女性ホルモンのバランスが崩れがちだからです。女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因には、様々なものが挙げられます。ストレスだったり睡眠不足だったり…その中でも、大きく関係しているのが食生活です。
現代女性は、昔の女性に比べて食生活がどうしても欧米化している傾向にあります。その為、今「和食」や「和の食材」が見直されつつあるのです。ここでは、和食材の中でも特に「生姜」に生理痛緩和に効果のある成分が含まれている事に注目しました。生姜が、どのように生理痛の緩和に良い効果をもたらすのか…そのことについてお話したいと思います。

 

生理痛緩和のメカニズム

生理痛には、子宮を収縮させて経血をスムーズに排出させる働きのある「プロスタグランジン」というホルモンが大きく関係しています。
このプロスタグランジンが過剰に分泌されると子宮が過剰に収縮し、強い生理痛の原因になるのです。プロスタグランジンは、女性ホルモンのバランスが崩れると当然正常な分泌をしてくれなくなってしまいます。
先程も述べた様に、女性ホルモンのバランスが崩れる要因には様々なものが挙げられますが、身体の冷えというのも悪影響を及ぼす要因の一つです。身体が冷えると、血液の循環が悪くなり、プロスタグランジンも正常に分泌しなくなります。ですから、生理痛の緩和には出来るだけ身体を冷やさないようにしなくてはならないのです。
そこで是非摂取して貰いたい食材が「生姜」です。
生の生姜には「ジンゲロール」と呼ばれる辛み成分が含まれています。このジンゲロールは、加熱する事で「ショウガオール」という成分に変化します。
そのショウガオールには、血行を促進して身体を温める効果があります。ですから、生姜を積極的に摂取する事によって身体が温まり、生理痛の緩和に繋がるのです。

ショウガオール

効果的な生姜の摂取方法は?

生姜は、加熱調理をして摂取するようにしましょう。
先程も述べましたが、生の生姜に含まれるジンゲロールが加熱する事でショウガオールという成分に変化し、そのショウガオールが血行を促進して生理痛緩和に良い効果をもたらしてくれるのです。ですから、加熱調理した生姜を食べるという事が、生理痛緩和の為の大前提となります。
冷奴やざるそばなどの薬味として生姜を食べるのではなく、積極的に料理の中に生姜を取り入れ、それを摂取するようにしましょう。加熱…という事で、生姜紅茶なども女性には人気がありますが、紅茶には少しではありますがカフェインが含まれています。カフェインは血管を収縮させ身体を冷やしてしまう働きをする成分です。生理痛緩和の為には逆効果となりますので飲み過ぎるのはよくありません。そこは注意しておいてください。オススメは、生姜と白菜のスープや厚揚げと大根の知らだし生姜煮などスープや煮物に取り入れてみてくださいね。

 

生姜摂取のポイント

冷えを解消する

生姜には、先程から述べている様に血行促進効果があり、身体を温めてくれる働きがあります。ですから、生理痛の緩和のために生姜を摂取することで必然的に冷え性の改善が期待出来るのです。冷えは女性の大敵です。身体が冷える事で、生理痛の悪化だけでなく、その他様々な不調を呼んでしまいます。この機会に、生姜で冷え解消も試みてみませんか?

新陳代謝がアップ!

生姜のパワーで血行を促進して身体を温める事により、もう一つ良い効果が期待出来ます。それは、新陳代謝力アップです。代謝があがれば、それに合わせて女性ホルモンのバランスも整えられ、生理痛も緩和されます。加えて、代謝が上がる事で余分な脂肪も燃焼してシェイプアップも出来るし、美肌効果も期待出来ます。
新陳代謝というのは、それを上げるだけで様々な良い効果をもたらしてくれるのです。

生姜を活かした食生活でヘルシーに。

生姜というのは、日本古来の和食材でもあります。ですから、この機会に是非生姜を活かした和食に食生活を見直してみて下さい。和食はヘルシーで健康的な食事なので、生理痛緩和だけではなく、他の不調も整える事につながります。食生活というのは、それだけ私達の健康維持に大きな役割を果たしているのです。

和食

◎酢しょうがの作り方

作り方

しょうが 100g、酢 100cc、はちみつ 20g

しょうがを皮のままみじん切りにして、清潔な容器に入れる。酢とはちみつを入れる。
スプーン1杯、一度にたくさん食べるより3食に少しずつ摂りいれてくださいね。

20160201_1267139

 

 

まとめ

ここまで、生理痛緩和の為に良い生姜の効果についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか?
生姜は、生理痛緩和だけではなく、冷えを解消し代謝をあげてくれる食材です。上手に摂取すれば、あなたの身体を健康にしてくれること間違いなしの食材なのです。
きっかけは生理痛の緩和でも構いません。是非この機会に、生姜の存在を見直してみて下さい。生姜には、あなたの身体のためになるパワーがたくさん詰まっているのですから。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

頻発月経

生理周期が早いと頻発月経の恐れが!原因と治療法方法

生理が予想より早くきたというような経験がある女性も多いのではないでしょうか? 生理が遅れている場合もいろいろ不安があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る