「スイーツ代わりにプルーン」生理痛の女性を救う

プルーン

 プルーンのデトックス効果は古代からお墨付きだった!

今回、生理痛緩和に効く食材として紹介したいのは、プルーンです。ドラッグストアやコンビニでも、手に入りやすくなりましたね。

そもそも、プルーンは、現在プルーンの名産地となっているカリフォルニアは19世紀の中ごろ、フランスの商人から伝わったとされています。

日本にプルーンが入ってきたのは明治初期で、長野県と東北地方で栽培がスタート。途中、戦争で栽培が中断してしまいましたが、昭和30年代後半に栽培が再開され、徐々に本格的なプルーン栽培が全国各地に普及されていきました。「プルーン」の英名「prune」には「余分なものを取り除く」という意味もあるほど、古来から健康食材として慣れ親しまれてきました。

生理前後は、お腹が張ったり、甘いものが欲しくなってイライラしがちになりませんか?コンビニなどの甘いスナック菓子や菓子パンを食べても、症状が改善しないまま、生理が終わるのをじっと待つだけ・・・。そんな悪循環は、プルーンで解決しましょう!

プルーン畑

ドライプルーンの栄養で、カラダも心も穏やかに!

生理中の女性はミネラル分が不足しがちになり、月経前症候群(PMS)の元となる自律神経の乱れや貧血を起こしやすくなります。また、血行が悪くなることで、生理痛を増長させてしまいます。プルーンは、カルシウムや鉄分などのミネラル類と、ビタミンB群やカロチンなどのビタミン類をとてもバランスよく、しかも豊富に含んでいます。そのため、自律神経を整え、体の血行を良くし、冷えを予防する働きに優れていて、生理痛やPMSの症状緩和にも効果が期待できるとされているのです。

プルーンは生のものよりもドライプルーンがオススメです。生で食べるよりもドライの方が、ビタミンAや食物繊維の量が増え、デトックス効果抜群になるのです。また、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、カリウムの含有量も100g中731mgと夏バテ対策にも理想的です。

プルーン

 

そのままでも、料理にも!試してほしいプルーンレシピ

ビタミンやミネラルがとっても豊富なプルーンは、生理痛をはじめとする様々な不調を抱えがちな女性にピッタリの食材!生のものやドライプルーンをそのまま食べるのはもちろん、料理に使って他の食材との相性を楽しむのもいいですね。ここでは、プルーンを使ったレシピを紹介します。

豚もも肉のプルーンピューレ煮込み

豚もも肉のプルーンピューレ煮込み

  1. ドライプルーン10粒をミキサーに入れて、ピューレ状になるまで粉砕させる
  2. 豚もも肉200gを強火のフライパンで全面に焼き色がつくまで焼く。
  3. 2を鍋に移し入れ、輪切りにした玉ねぎ1個、料理酒100cc、肉がかぶるくらいの水を入れてふたをして、強火で煮る。
  4. 鍋が沸騰したら中火にして約20分煮込んだら、煮汁に1と、味噌大さじ1/2、しょうゆ大さじ1を混ぜ合わせ、強火で5分ほど煮詰める。

アドバイス:味噌は赤味噌を使うと、よりコクが出ます。付け合わせに、ズッキーニやにんじん、空豆のボイルなどを添えても。

プルーンの紅茶漬け

プルーンの紅茶漬け

  1. 濃いめの紅茶に入れて、冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 1にプルーンを漬けて2〜3時間程度冷蔵庫で冷やす。

アドバイス:漬けたプルーンを取り出して、バニラアイスクリームに添えたら、高級感のあるデザートになります。また、風味付けにラム酒を少々入れてもグッと大人の味に。

 

まとめ

プルーンでお腹も心も満たしてデトックスしよう!
濃厚な甘さとねっとりとした食感が魅力のドライプルーンは、甘いものが欲しくなった時にピッタリのデザートになります。甘いものへの欲求も満たしながら、カラダに嬉しい栄養も補給して、生理痛対策を万全にしましょう!

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

生理不順?

生理不順になる2つの原因?子宮を柔らかくすれば解決

生理不順になる2つの原因には子宮が固くて経血が排出されにくいことと、子宮の血液がドロドロの状態になっているということが挙げられます。そのため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る