生理前になると熱が上がる!?原因と症状を紹介

生理前の微熱

生理前に体温が上昇する原因としては、生理前にくる高温期であるケースやPMSが原因で発症する微熱などが挙げられます。
発熱が37度を超える場合
もありますが、個人差もあるため、普段から基礎体温をつけることで生理周期排卵時期などの体温変化を把握しておくことが重要です。また微熱がいつまでも続くような場合、妊娠の可能性もあるのです。
生理に関わる微熱は、身体が女性として正常に機能している証拠になります。

 

基礎体温の上昇は身体からのサインなの?

一般的には、生理が始まってから排卵までを低温期、排卵から次の生理がくるまでの間を高温期と呼ばれます。
女性は排卵から生理がくるまでの約2週間くらいの間は、女性ホルモンの作用によって0.5℃~0.7℃ほど基礎体温が高くなる傾向があるといわれています。普段から体温が高い場合は平熱が37℃以上と高いこともありますが、これはきちんと排卵が起こっている証拠といえます。約2週間の高温期は妊娠のためにとても重要な期間となります。
生理前の高温期には基礎体温が上昇します。またPMSが原因で発症する微熱などが原因としても挙げられます。37度を超える場合もあり、個人差もあるため、普段から基礎体温をつけることで生理周期と排卵時期などの体温変化を把握しておくことが重要です。

生理に関わっておこる微熱は、身体が女性として正常に機能している証拠になりますのでできるだけ無理をせずに、安静にしておきましょう。
もしも微熱が続く場合には妊娠の可能性もあります。生理がはじまってから1週間程度微熱が続く場合は、高温期が続いていると考えても差し支えありません。しかし、2週間~3週間という長期にわたって高温期が続くという場合には、妊娠の可能性が考えられます。
また、生理中から生理が終わった後もずっと微熱が続いている場合には、何かしらの病気の可能性があって体内で炎症が起きている可能性もありますので、少しでも不安を感じた場合は、できるだけ早く専門機関を受診することが大切です。

生理前にくる高温期

生理前になると基礎体温が上昇する?

生理前になると基礎体温が上昇し、プロゲステロンの作用で黄体期と呼ばれる時期になります。黄体期は身体が妊娠しやすくなって体温も自然に上昇しています。この体温上昇期には低温期と比較すると基礎体温の差が0.3度から0.5度となるのが最も理想的な体温です。このような体温上昇は体からのサインですので見落とさずにきちんと把握しておくことが大切になります。

月経前症候群(PMS)が原因でおこる微熱について

生理前に3日~10日の間続く精神的、身体的な不調を月経前症候群(PMS)といいます。
PMSは月経が始まると減ったり消えたりするもので、月経前に周期的に現れて、むくみや乳房の緊満感、腹部の膨満感といった水分貯留症状を呈したりします。
またそのほかにも、頭痛や腹痛、腰痛などの疼痛症状や食欲不振や自律神経症状のめまいや倦怠感、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害といった神経症状などがあります。
黄体期になると体調が変わりやすく、安定せずに精神的に不安定になったりイライラとしたり、PMSの症状からくる心身の不具合に悩む人も多いといわれています。PMSの時期に微熱が出やすいという人もおり、PMSの診断基準の中には発熱はないのですが、PMSの症状が発生すると微熱が生じる人もいるといわれています。

月経前症候群(PMS)の判断基準って?

PMSの診断基準は、過去3回の月経周期において月経前の5日間において、憂鬱・イライラ・不安・混乱・引きこもり状態・頭痛・むくみ・乳房圧痛といった心身の症状が出ている場合です。またそれらの症状が月経の前だけ起こる、薬物、ホルモン剤、アルコールの摂取をしていない、仕事や社会生活に影響が出ているなどが挙げられます。
体温は個人差があり、人によっては生理の1日目2日目38度以上の高熱が出てしまうケースもあるようです。
高熱が出ると頭痛や腹痛、腰痛、下痢、嘔吐といった症状が出てしまい、別の生理痛に関係する症状も重度であるケースも多くなります。このような場合にはPMSではなく月経困難症であるといえるのです。しかし、生理になるたびに高熱が出る場合には、何か他の病気の可能性も考えられますので、1度婦人科を訪れて診察をしてもらうようにしましょう。

また、生理前に発熱すると生理が遅れることもあるといわれています。熱が出た上、生理がこないとなると不安になるのは当然です。しかし、体調がよくないことが原因で1週間ほど生理が遅れることはあるといわれています。
例えば、普段28日で生理が来るのに、遅れて35日で来たという場合はあまり心配はないと考えられています。25日~38日で繰り返される場合にはあまり心配する必要はありませんが、39日以上たっても生理がこないという場合は、婦人科を受診することが推奨されています。

基礎体温37℃

 

生理周期と体温の変化について知ろう

基礎体温を付けていると低温期と高温期とがあります。低温期から高温期に移る時が排卵に当たります。毎日基礎体温を測っていると排卵や生理が始まる時期をある程度予測することができますので、基礎体温をきちんと測って自身の体の高温期がいつごろからスタートするかをきちんと把握しておきましょう。
高温期になるのは排卵後から生理前までの12日~14日間くらいといわれ、生理が始まる頃には体温が低くなっていきます。
生理前に基礎体温が37℃以上になったことで不安になる人もいます。しかし、基本的には低温期との差が0.3~0.5℃くらいの範囲内におさまっているのであれば、あまり心配はいらないと考えられています。
高温期の体温は低温期との比較で見るもので、基礎体温は測定時間やその日の体調によって変化が大きくなり、同じ人でも周期によって体温が下がっていないのに排卵をしたりすることもあるようです。女性の身体は変化しやすいので、全体的に見て判断をするようにするといいといえます。

 

正しい基礎体温の測り方について

基礎体温を正確に測るポイントは、朝目が覚めた時にすぐに測ることです。
起床時に布団の中で専用の婦人体温計を舌の裏側の中央部分に当てて測ります。
また、毎日同じ時間に計測することも重要です。基礎体温は目覚めてから活動した後に計測してもほとんど意味がなく、また、一日の終わる夕方に測ってもほとんど意味がありません。そのため、測るタイミングには気を付けるようにしましょう。

基礎体温計の測り方

 

妊娠との相違点とは?

高温期が継続されている場合には妊娠している可能性があると言えます。
生理前になっても高温期のままで体温が高い時期が16日以上継続した場合は、妊娠の可能性を考慮してください。
また、妊娠時は常時体温が高温期の状態であるというわけではありません。妊娠や着床の時期には基礎体温が低くなるケースもあります。排卵の数日後から始まる高温期に、基礎体温が一時的に低下するインプランテーションディップ現象によって着床時に基礎体温が低下する人もいるのです。そして、生理前とは関係なく微熱がある場合には体を休めるよう体からのサインが出ていると考えられますので無理をしないでゆっくりしましょう。

インプランテーションディップ

 

生理が原因で発熱するのを防げるの?

生理で熱や頭痛、吐き気といった症状が出る場合には、日々の生活を見直すことが大切です。生理が原因となって起こる症状は、身体の冷え血流が悪いといったことが理由となっていることがあるため、日々の生活を見直すことで生理によって起こる不快症状を予防することが大切です。
例えば、無理なダイエット昼夜逆転の生活寝不足などを経験すると、生理前や生理中に発熱や頭痛、吐き気などが起こる可能性が高くなるといわれています。
一般的な平熱体温は35℃~37℃未満とされ、発熱によって37.0~38.0℃になった状態を微熱、38℃以上を高熱とよびます。そのような場合には解熱剤を服用したり安静にしたりしましょう。しかし、あまりにもひどい場合には、別の原因でそうなっているのかもしれませんので病院を受診しておきましょう。

基礎体温をつけて生理周期を把握しましょう

このように、生理が始まってから排卵までの期間は低温期、排卵から次の生理がくるまでの期間は高温期とよばれています。
排卵から次の生理がくるまでの約2週間くらいは女性ホルモンの作用によって体温が0.5℃~0.7℃ほど高くなる時期になります。生理前には基礎体温が上昇します。PMSが原因で微熱などが発生する場合もあります。熱は個人差もあるため、普段から基礎体温をつけることで生理周期と排卵時期などの体温変化をきちんと把握しておくことが重要です。

生理に関わる微熱は、身体が女性として正常に機能している証拠になります。ですが微熱が続く場合には妊娠の可能性もあります。生理がはじまってから、2週間~3週間という長期間高温期が続くという場合には、妊娠の可能性も考えられます。

また、生理中から生理が終わった後もずっと微熱が続いている場合には、病気の可能性もありますので、少しでも不安を感じる場合はできるだけ早く専門機関を受診することが大切です。
生理前にはいつも体温が上昇して微熱みたいな症状が出るという人もいます。中には37度以上も熱が上がる人もいます。生理前に熱が出る原因が、高温期だからなのか、妊娠したからなのか、それとも別の理由なのかの判断には、普段からつけてきた基礎体温が大きなポイントになりますので、発熱がいつ起こるのかを普段から把握しておくことが大切です。

基礎体温をつけていると低温期と高温期を把握することができます。
低温期から高温期に移る時が排卵になります。毎日基礎体温を測ると排卵や生理が始まる時期をある程度予測できます。しかし、高温期と低温期の体温差は個人差がありますので、体温が下がっていないのに排卵したり、といったこともあるようです。基礎体温を2、3か月ほどつけると、大体の平均がわかるそうです。37℃台の微熱は風邪のときによくおこる症状です。しかし、何日も熱が下がらないのであれば風邪以外のことが原因がある場合もありますので、心配な場合には必ず医療機関を受診することが大切といえます。
基礎体温でわかる体の変化

 

 

 

白井田七(さくらの森)

イライラ、どんより、調子が出ない・・・
生理の時の不快症状やPMS、更年期、様々な女性のお悩みを解消するサプリメント。
女性のイキイキとした毎日を取り戻します!

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

腹痛

早く受診しよう、生理終わりのこんな症状は危険!

生理の終わりごろになると経血の色や量も変化し、はじめ頃と比べると大きな違いがあります。また、生理が終わりかけにも出血が止まらない場合には、不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る