生理と授乳の関係!母乳への影響は?

母乳を飲む赤ちゃん

授乳と生理には深い関係が! 気になる疑問とその答え

授乳期間中には、生理が止まっているママさんと、授乳期間中に生理が始まるママさんとがいらっしゃいます。個人差もあるのっで一概には言えないのですが、生理がはじまるかどうかは授乳の仕方によって変わったりすることがあるようです。生理が始まるのは、早い場合には産後2か月ほどで始まるママさんもいらっしゃいます。一般的なママさんの場合には産後8か月ほどで生理が再開することが多いそうですが、中には産後1年以上しても生理が始まらないという方もいます。乳児を育てながらで大変な中なのに生理が始まってしまうのは嫌ですが、始まってしまうこともあるので覚悟が必要でしょう。

 

授乳と生理再開の時期との関係性

赤ちゃんを母乳で育てているのかどうかは、生理が始まる時期に深く影響があるといわれています。母乳で赤ちゃんを育てている場合には、産後1年2カ月後くらいで生理が始まるといわれています。ミルクだけで赤ちゃんを育てている場合や、ミルクと母乳と混合で育てている場合に比べて生理の始まる時期が遅くなります。

母乳で赤ちゃんを育てていると生理が始まる時期が遅くなるのは、ホルモンの影響があるといわれています。母乳を出すために必要な「プロラクチン」といわれるホルモンは、実は排卵を抑える働きがあることが知られています。そのため、母乳で赤ちゃんを育てている場合には生理の始まる時期が遅くなるのです。ですから、もしあなたが生理の再開時期を遅らせたいと考えているのならば、赤ちゃんを母乳で育てるようにするといいでしょう。母乳での育児には、赤ちゃんの健康にもママさんの健康にもいいことが多いですから、そういう意味でも母乳だけで育児ができるのならばいいですよね。具体的な回数の目安としては、一回の授乳にかかる時間は10分以上で、毎日5回以上授乳しているというのがいいでしょう。また、夜はホルモンの働きがよくなる時間帯なので、プロラクチンの量も多く分泌されます。そのため夜に授乳を行うことは生理が止まることに大きく影響してくるでしょう。
ただ、赤ちゃんによって母乳を飲んでくれるかどうかも離乳食を始められるかどうかも異なってきますから一概にはいえません。赤りゃんがだんだんに育ってきて、授乳する時間や量が減ったり、授乳する回数が減ってきたりすると生理がまた始まるといったこともよくあるようです。

授乳中のママと赤ちゃん

生理再開時の授乳について

ここまで、授乳と生理再開の時期との関係性についてみてきましたが、「生理が再開したら母乳をあげてはいけないの?」「生理が来ると母乳がでにくくなってしまうの?」という疑問を持っていらっしゃるかたもいると思いますので、その疑問に答えていきたいとおもいます。

まず、生理が始まってからも母乳をあげ続けてもいいのかどうかについてですが、これはまったく問題はありません。生理が始まることによって授乳ができなくなるということではありませんし、赤ちゃんの健康を害したりはしません。ただ、生理が始まると母乳の味が変化したのか、赤ちゃんがあまり母乳を飲まなくなってしまったということもあるようです。それは生理の影響か、あるいは生理のイライラから甘いものを食べすぎたからなのかはわかりません。

生理が来ると母乳が出にくくなってしまうのかどうかについては、これについては考え方が逆で、母乳が出にくくなってしまったから生理がこなくなってしまったのかもしれません。ママさんの多くが母乳の出が悪いことで悩みを抱えています。母乳に関してなんのトラブルもないママさんのほうが少ないくらいですので、自分の生活習慣や、授乳の回数を見直してみたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

最後に、授乳期間中に生理が再開してしまった時に注意してほしいのは鉄分不足による貧血です。生理には血液が多く使われますし、そのうえ母乳のためにママさんはたくさんの養分を赤ちゃんのために使っていますから、栄養不足になってしまいやすんです。普段から栄養をたくさんとる食生活をすることや、生理が始まった場合には特に鉄分不足に気を付けた食生活をおくりましょう。また、カフェインは鉄分を吸収する邪魔をする働きがあるので、食前・食後には口にしないように気を付けましょう。育児に関しては、個人差が大きいことですから、一概には言えませんが、大体の傾向についておわかりいただけたでしょうか。この記事が育児の際の参考になったら幸いです。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理不順?

生理不順になる2つの原因?子宮を柔らかくすれば解決

生理不順になる2つの原因には子宮が固くて経血が排出されにくいことと、子宮の血液がドロドロの状態になっているということが挙げられます。そのため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る