妊活をはじめるために必要な事ってどんな事?

妊活についての話題が多く世に出るようになって久しく、今ではすっかり世間に浸透してきました。
かつてはこれほどまでに妊娠に対する積極的な行動について大きな話題にはなりませんでしたが、結婚や出産の平均年齢が上がるにつれて、妊娠したくても望むタイミングでうまく子どもを授かれずに悩む夫婦が多くなりました。

女性の出産適齢期は20台後半~30代前半と言われていて、日本産科婦人科学会の定義では35歳を超えるともう高齢出産と言われています。女性のからだが妊娠に適している期間は短いものです。しかもその時期は仕事面でも働きざかりの年齢と重なり、仕事と妊活の両立をさらに難しくしている要因ともなっています。

 

妊活とは具体的にどういう事なのか

自然に暮らしていて妊娠できればいいのですが、なかなか妊娠できないとなると少しでも妊娠しやすいからだや環境を整える事が必要になってきます。そのように妊娠に向けてからだと心、そして生活のあらゆる面において環境を整えるのが妊活なのです。

実際、子どもが欲しくても出来なくて悩む人は多く、人知れず辛い気持ちを抱えてしまう場合も少なくないのです。女性のからだには妊娠のタイムリミットがありますから、毎月毎月がとても大切です。効果的に妊娠するためには、まず妊娠に至るまでの受精のしくみを知る事から始める必要があります。女性のからだにある卵子と男性のからだにある精子がうまく結合する事によって妊娠しますが、女性の卵子がうまく受精できるタイミングは一か月の生理周期の中でもごくわずかな期間です。ですから、まずは排卵がいつなのかを知る事がとても重要になっていきます。そのために有効なのが基礎体温を測る事です。

基礎体温をはかると、排卵のタイミングを境にして体温が変化します。生理後に低温期だったものが、排卵で高温期になりますので、定期的に基礎体温をつけていく事で排卵のタイミングを知る事ができます。

生理前にくる高温期

 

 受精のタイミング

排卵後の卵子の寿命は24時間です。そして精子は子宮内に入ってからおよそ3日間生きています。その間に卵管内で受精できれば妊娠できる可能性が高まります。体質は人それぞれ違いますから、全ての工程が教科書通りというわけにはいきませんが、基本的な受精の仕組みを理解したうえで、なるべく確実に排卵日を知って受精させるようにするのが自然な妊娠を助ける第一歩でしょう。

24時間

 

健康的な生活をする

女性には冷え性の人が多くいますが、冷えは妊娠には良くありませんから、いつもからだを温めて、芯まで冷えないように工夫する事も大切です。特に冬よりも夏のエアコンの方が冷えやすく、そのような時期こそしっかりとお風呂に入ってからだを温めたりするようにしましょう。

食生活も重要です。特定の食材を集中して摂るのではなく、栄養のバランスの良い食事を3食しっかりと食べるようにして、いつ妊娠しても大丈夫なようにからだの調子を整えておきましょう。妊娠したらついからだを動かさないようにしなければという心理が働くかもしれませんが、健康と運動は深い関係のある大切なものです。妊娠後も、安定期までは大人しくしていなければならないかもしれませんが、健康な妊婦さんは安定後どんどんからだを動かしておく方が、母子の健康にも有効なのです。子育てには体力もいりますから、普段から運動は心がけておきたい事ですね。

運動する女性

合わせて読んでおきたい!

温活で快適に! ~あなたの快適な生活のために~

子宮の冷えって、聞いたことがありますか?

まずは、思い当たることや生活面をチェックしてみましょう。子宮を温めるだけで、いいことがいっぱい!メンタル的な悩みも軽くなってきます。手軽な子宮の温め方や、温めるグッズなども紹介していきます。変えるのは、ほんの少しのこと。
あなたの快適な生活を応援します!

 

睡眠をしっかりととりストレスをためない

現代人の多くは睡眠不足だったり質の良くない睡眠になってしまっていたりします。普段から規則正しい生活を心がけて、からだに優しい睡眠環境を整える事も妊活の大切な一部です。妊活中は、うまくいかない焦りや不安に襲われる事もあるかもしれません。ですが、ストレスが妊娠にはプラスになる事がありません。自分なりのストレス解消方法で、うまく不安やストレスとつきあって笑顔を忘れない生活を心がけましょう。
睡眠にはこだわって

 

病院に行く事も大事

不妊の原因は様々で、思わぬ病気が隠れている場合は夫婦双方にあります。若い女性であっても子宮の病気は起こりますが、早期発見できればそれだけ早く病気も治る可能性が高まります。ですから妊活を機に、夫婦の健康診断もかねて一度病院で検査をしてみるのも大切です。また、自然妊娠のタイミングを上手にコントロールするためのアドバイスなども受けられますので、なかなか妊娠できないようであれば早めに相談するのがおすすめです。

女性医師

まとめ

妊活をする事にはメリットがたくさんあります。今すぐ子どもが欲しい人も、いずれ子どもが欲しい人も、妊娠に備えて心身と生活を整えるのはとてもいい事です。また、女性には妊娠のタイムリミットがあるとはいえ、今は医療も良くなっているので40歳を過ぎても妊娠する事は可能ですから、年齢だからとすぐに諦めてしまう必要もありません。無事妊娠出産できたならば、十分な準備のもとに子育てを開始する事ができますし、心から望んでやっと出来たお子さんが生まれる喜びはとても大きなものになるでしょう。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

頻発月経

生理周期が早いと頻発月経の恐れが!原因と治療法方法

生理が予想より早くきたというような経験がある女性も多いのではないでしょうか? 生理が遅れている場合もいろいろ不安があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る