仙骨を温めろ!子宮温活で女性の不調を解消!

子宮温活は仙骨を温める

 

子宮温活には様々な方法ありますが、女性の悩みには仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすといった仙骨温活はおすすめです。仙骨は脊椎の直下にある三角形の骨で、身体を動かすのに重要な働きをしています。仙骨が冷えると同時に子宮も冷えやすくなりますので、この部分を温めることで生理痛なども軽減でき、体の調子も整えることができます。

 

効果的な子宮温活について具体的に知ろう

年齢を重ねると、若いころに比べると生理前に痛みが激しいという人もいるでしょう。
生理痛というとまず子宮のある腹部の痛みを感じる人が多いのではないでしょうか。年齢を重ねるにつれて体の新陳代謝機能が低下して、体が不調になりやすくなってしまうため、若い時と比べて体の不調症状が出やすくなっているといえます。

女性はお腹周りが冷えると、子宮も冷えてしまって、生理痛が重くなったり、冷え性や更年期の症状、排卵痛なども出やすくなるのです。
こうした症状を感じる時には、もしかしたら低体温気味で子宮が冷えているかもしれませんので、子宮温活をしましょう。冷えは万病の元といわれます。冷えをとるため腹巻きなどで子宮のある腹部を温めると痛みが和らいだりして効果的です。
子宮を温めてあげることで生理痛が和らいだり、冷えが解消され、体の調子がよくなるといわれています。

腹痛

 

効果的な子宮温活の方法について知ろう

子宮温活には様々なやり方があります。女性の悩みには仙骨温活がおすすめです。
生理痛緩和に仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすとよいといわれています。
仙骨は脊椎の直下にある三角形の骨です。仙骨は骨盤の中心にあって身体を動かすのに重要な場所です。仙骨は骨盤の上側後部の、尾骶骨のちょっと上側にあり、髄液が体を順調にめぐるように調節している場所でもあり、髄液の調節がうまくできなくなると体調が悪くなってしまうことが知られています。子宮の位置は仙骨のすぐ前にあるため、仙骨が冷えると同時に子宮も冷えやすくなるのです。

人間の体はお腹側に脂肪があり、お腹側から温めても熱がうまく通らず子宮を上手く温めることができないといわれ、子宮を温める時には前側から温めるよりも背中側から温めた方が距離的にも近いので効果的だといわれています。
また、仙骨周りをマッサージしてほぐすものおすすめです。子宮が温まることでホルモン分泌も促進されて、妊活にもなります。マッサージによって骨盤の動きもスムーズになり、つらい腰痛などを抱えている人にも効果的だといわれています。マッサージはすぐ簡単にできますので、日頃からマッサージする習慣をつけて冷えそのものを解消しやすくしましょう。
マッサージの方法はとてもシンプルで、マッサージオイルを利用して、仙骨のまわりの筋肉を円を描くように下から上に向かってマッサージします。とても簡単なので、時間がある時に両手で仙骨を包み込んで温めながらマッサージをしてみましょう。このように、仙骨まわりの筋肉をマッサージすると血流が良くなって冷えの改善につながるのです。洋服の上からも簡単にマッサージできますのでおすすめです。

子宮温活には仙骨を温める

 

体を支えている仙骨の働きと仙骨温活について

仙骨は、建物に例えると大黒柱である背骨を支える土台に相当する骨です。
仙骨はおしりの割れ目の上にある骨で、骨盤の中央にあり、手のひらくらいの大きさの逆三角形の形をした骨です。古くから不思議な力を持つ骨として人体の中で格別な存在とされてきました。
子宮や卵巣など、女性の大切な機能に深く関与していることから、仙骨は女性にとって命の骨とよばれ、骨盤の中心にある仙骨がゆがんだり、圧がかかったりすると、身体の歪みや不調の原因となるとされる生命の恒常性維持に関わる重要な骨です。
骨盤はその中心にある仙骨とその下の尾骨、仙骨の左右両側にある腸骨、坐骨、恥骨の寛骨の5つの骨から形成されており、仙骨は骨盤の中心で要となっている骨です。
仙骨と腸骨との接合部には仙腸関節という可動域が小さい関節もあります。仙骨の上には24個の椎骨があり、その上には平均4,5kgの頭蓋骨があります。
身体の重力は、重力の中心になっている仙骨にかかりますので、仙骨の位置が正しくないと身体が歪むことになります。その結果、その上の背骨、頭蓋骨、そして顔にも歪みが生じ、首・肩こり、腰痛、便秘、冷え性、むくみ、生理痛、生理不順などの症状がでやすくなります。これは仙骨が歪んでいると、バランスのとれたS字状の背骨にはなれず、顔のゆがみなども生じます。
これは土台から全身の骨が歪むと、最上部にある顔の骨にまで影響が出るからだと考えらています。また、仙骨前側には、子宮・卵巣が位置しており、直接的な影響があるのです。仙骨と腸骨の接合部にある仙腸関節にトラブルがあると、身体全体の骨格や筋肉、神経、臓器血管にストレスが生じて不調の原因になります。土台から背骨が歪むことで、筋肉に異常なストレスがかかったり、血液・リンパ液など、体液がスムーズに流れなかったりするためです。仙骨は背骨の土台の骨であるため、背骨の中を通っている神経にもストレスがかかってしまいます。

仙骨と子宮・卵巣などにはこのような体の構造上から生じる関係があります。仙腸関節がズレが生じると、様々な子宮や卵巣などに関係する不快な症状が発生すると考えられています。卵巣にはエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが関与しています。
仙骨にズレや歪みがある場合には、その前面にある子宮や卵巣にストレスがかかり、女性ホルモンのバランスが乱れる原因にもなったりするのです。
そこで、仙骨を正しい位置にすることで女性特有のトラブルの予防改善につながるのです。

仙骨

 

仙骨温活の驚くべき効果について知ろう

このように仙骨は生命の恒常性維持に関わる重要な骨で、仙骨を正さずして健康なしといわれる程、重要な役割をもつ骨です。
子宮を直接温めるよりももっと生理痛などの症状緩和などに効果的な場所が仙骨なのです。
仙骨を温めることで、子宮の周りにある骨盤が温まり、子宮や卵巣などの血行改善が図れるのです。指で触ると引っかかるような骨にあたりますので、そこをカイロ湯たんぽなどでゆっくりと温めましょう。
仙骨のまわりには副交感神経も通っていますので、内蔵が温められると基礎代謝も上がり、ダイエット効果も期待でき、新陳代謝もよくなります。そうすると肌の調子も自然とよくなり、美容上の効果もあるのです。
仙骨を温めると、免疫力も高くなるので風邪を引きにくくなったり生理による不快感も改善されたりとメリットがたくさんあります。生理痛や更年期症状などの婦人科系疾患の予防にもなります。
また、脳脊髄液をスムーズに循環させることもできます。脳や脊髄は脳脊髄液という体液に浸されており、脳や脊髄を衝撃から守るクッションの役割を担っています。これらの脳脊髄液を循環させる重要なポンプの役割を果たしている仙骨は、脳や脊髄の機能を正常に保つ働きもあるのです。脳や脊髄の機能が正常になっていれば子宮や卵巣に働きかける性ホルモンの分泌も適切になります。仙骨温活にはこのように様々な効果があるのです。

重い生理痛月経困難症、更に生理周期の乱れなどの不快な症状は子宮の冷えが原因で起こっていることも多いといわれています。オフィスワークなどをしている時、子宮の冷えに影響を与えるのが長時間の座り仕事での血行不良であるという指摘もあります。長時間同じ姿勢で座っていると腰回りの筋肉が運動する機会も少なくなって、筋肉が固まってしまいます。筋肉が固まると血行が悪くなってしまい、腰周りや子宮の冷えにつながります。そして、生理痛やPMSの原因になってしまうといわれているのです。
そこで、子宮の冷えによる重い生理痛やPMSを予防する上で、骨盤につながる腹部の腸腰筋を鍛えるということが重要になります。生理痛の時、腰の奥の辺りの鈍い痛みや、下腹部の締め付けなどの痛みを感じたことがあれば、これが腸腰筋が緊張すると起こる症状なのです。
そのため、子宮を冷やさないため、腸腰筋周りの骨盤を緩めたり温めることが、仙骨を温めるのと同じくらい重要なのです。

最近では簡単にレンジで温めて使えるものも多く出回っています。100%あずきが入ってレンジで加熱することで蒸気で温めてくれるものもあります。このタイプはもともと首、肩を温める用途として販売されてますが、お腹や腰まわりはもちろん、仙骨部分もしっかりと温めることができます。デスクワークの際は、チェアーに敷いて仙骨を温めることもできるのでオススメです。
※商品名:あずきのチカラ(首肩用)

あずきのチカラ

仙骨温活を行ってより健康的になろう

年齢を重ねると生理前の深い症状や生理痛が、若いころよりひどいという人がいるのではないでしょうか?
それは、年を重ねるにつれ、新陳代謝の低下がおこり、様々な不調が出やすくなっているのです。体温が低くなると、体の様々な機能が低下し、子宮自体もが冷えてきます。そのため子宮温活を行って子宮を温めましょう。そうすれば女性が悩む全ての症状が落ち着いていくといわれています。生理痛も楽になったり、更年期症状や冷え性も改善され、自律神経も安定して体の調子がよくなったり、肌の状態も良くなってきます。
子宮温活には様々ありますが、女性の悩みには仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすといった仙骨温活がおすすめです。
人間の体はお腹側に多くの脂肪がありますので、子宮を温める時には背中側から温めた方が効率的だといわれています。カイロや湯たんぽなどであたためるといいでしょう。また、仙骨周りをマッサージしてほぐすものおすすめです。子宮が温まるとホルモン分泌も促進され、妊活効果もあって、注目されています。
マッサージによって骨盤の動きもスムーズになりますので、つらい腰痛などを抱えている人にもおすすめです。マッサージはすぐ簡単にでき、日頃からマッサージする習慣をつけておくと冷えそのものを解消しやすくなるといえます。マッサージの方法はとても簡単で、マッサージオイルを利用して仙骨のまわりの筋肉を下から上に向かって円状にマッサージします。時間がある時などは両手で仙骨を包み込んで温めながらマッサージを行ってみましょう。

仙骨を整える

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

女性ホルモンを増やして元気

女性ホルモンの分泌を促進させる為の9つ方法

女性は誰だっていつまでも若々しくいたいと思うし、キレイになりたいと望むものです。 その為に絶対に必要なのが女性ホルモンのバランスを整えるこ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る