温活、妊活中のあなたへ 食品添加物が及ぼす影響

食品添加物

身近な食品添加物。どのような食品に入っているのか知っていますか?

私達の食生活にはもはや欠かせなくなっているのが食品添加物です。
そのまま多量に摂取すると体には良くないものであるだけに、いくら安全といわれていても気になってしまうのが正直なところです。食品添加物って良くないって、なんとなく知ってはいても具体的にどう影響を及ぼすのかは知らない方のほうが多いのかも。
特に妊娠を希望する人でであれば胎児への影響も気になる事でしょう。過度に気にするのも良くないですが知識として知っておくのは大事な事です。

食品添加物

 

ソルビン酸カリウム

ソルビン酸もしくはソルビン酸カリウム(ソルビン酸Kとも表記)されるこの添加物は、防腐効果がある保存料の一種です。ハムやソーセージなどの加工肉類に多く含まれていて、日本人にも身近なかまぼこやはんぺんなどの練り物や様々な燻製品、チーズや漬け物の数々、ワインなど、日常的に食べる多くの食品にソルビン酸カリウムは含まれています
亜硝酸塩との食べ合わせが悪いといわれており、ソルビン酸カリウムとの同時摂取で発がん性物質に変化する性質を持っているという事です。

 

各種合成着色料

合成着色料は、様々な食品とは切っても切り離せない関係です。着色料の原料は、石油や鉱石どを由来としているものもあり、ほとんどの食品に使われているほど、私達の生活には欠かせない添加物となっています。

特に赤色系の着色料は、様々な研究結果から発がん性物質との指摘も多く、海外では使用されていなくても日本では認可され使用されているものもあります。
かき氷のいちごシロップなどの赤は赤色2号で、発がん性や不妊の原因になるという研究報告も海外ではありますが、日本ではそのような判断はされていません。
赤色106号という着色料は日本でしか認可されておらず海外では使用されていない着色料です。この色は洋菓子や漬け物にもよく利用されているようです。

 

人工甘味料

糖質摂取に対する日本人の意識は高く、人工甘味料を利用する人も少なくありません。
多くの食品にも人工甘味料は積極的に使用されていて、とても身近な添加物となっています。中でも砂糖の数百倍の甘さといわれるサッカリンナトリウムは、よく使用されている保存料です。清涼飲料水やガムなど、またたくあんなどの漬けもの、その他味噌漬けや粕漬けなどの加工食品にもサッカリンナトリウムは多く含まれています。
食品以外にもよく使用されており、歯磨き粉などの毎日使用するものにも使用されています。
安全性に問題がないと判断されたとはいえ、発がん性の疑いがあるとの事で敬遠されていた添加物のひとつです。
ジュースやアイスなどに多いアスパルテームという添加物は、低カロリーで甘さを楽しめるとあって女性にも人気の食品に多く含まれますが、研究報告によると胎児の奇形や脳への影響も報告されているので、妊娠中の人は多量摂取しないように注意が必要です。

 

亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム

ハムやベーコンなどの加工肉などに色をつけるのに必要不可欠な添加物です。ソルビン酸系の添加物と合わせると発がん性物質に変化するといわれています。
遺伝子を壊してしまい胎児の奇形などを招く恐れのある物質である事から、妊娠中の摂取にはより注意が必要です。

 

リン酸塩

加工食材の食感などを良くしたりする効果の高い添加物がこのリン酸塩です。ハムやソーセージの肉質をふんわりさせたり、乳製品の柔らかい口当たりなどはこの添加物の影響です。
リン酸塩をたくさん摂取すると、骨に悪影響を及ぼす事がわかっていて、その他の内臓の機能を弱らせる働きもあり、老化を促進しかねない物質です。

 

パラオキシ安息香酸

化粧品にも使用されている防腐剤で、ソースや醤油などの長期保存型の食品に使用されています。
パラオキシ安息香酸を摂取すると、肝臓へのリスクがあるとの指摘や、染色体に異常が出たという研究報告もあり議論が分かれています。加工肉に多い亜硝酸ナトリウムとの食べ合わせで、化学変化を起こす可能性の報告があります。動物実験段階では、少量でも悪影響との報告もあり、人間に対する安全性の評価ははっきりとしていないのが現状ですが、通常の使用量の範囲内であれば特別心配する必要はないといわれています。

 

 

まとめ


食品添加物2
現代に生きている限り食品添加物を全て避けて通る事はできませんし、完全に添加物を絶つのはあまり現実的ではありません
これらの保存料や着色料などがある事で、毎日安全に食品を摂取する事ができているというのもまた事実です。
お店で販売されているような食品や外食をすれば、そのほとんどに食品添加物は入っていますから、買い物や外食の際にそのすべてをチェックするようになると添加物への過度な恐れからストレスが増加してしまいかねません。
そちらの方が、からだにはもっと悪影響となりますから、添加物に対する認識は知識として知っておくのはとても大事なことですが、バランスの良い食事を適度な量でいただくよう普段から心がけていれば、健康を保つ事は十分に可能でしょう。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

子宮温活は仙骨を温める

仙骨を温めろ!子宮温活で女性の不調を解消!

子宮温活には様々な方法ありますが、女性の悩みには仙骨を温めたり、仙骨周りをほぐすといった仙骨温活はおすすめです。仙骨は脊…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る