男女の性別の産み分けのコツについて知ろう

妊活産み分け

男の子が欲しい、女の子が欲しいという場合は産み分けにチャレンジしてみましょう。希望の性別の子どもを授かる確率が少しだけ向上します。赤ちゃんの性別の産み分けは排卵日と精子の量がポイントになります。女性の膣内が酸性に近い場合には女の子が、アルカリ性だと男の子が産まれやすくなるのです。

男女の産み分け法って?

排卵

赤ちゃんは天からの授かりものだといわれますが、元気に生まれてきてくれるのならそれで十分ですよね。

しかし男の子が欲しい、女の子が欲しいといった夢は子どもの頃からだれしもあるのではないでしょうか。そんな時、産み分けにチャレンジすることで男の子が生まれたり女の子が生まれたりする確率を少しだけ向上させることができます。通常、男の子と女の子のが生まれる確率は50パーセントずつだと言われています。産み分けにチャレンジすることで、その確率を少しだけ向上させることができます。
赤ちゃんの性別の産み分けには排卵日と精子の量がポイントになります。もちろん、絶対に確実というわけではありません。しかし、男女が生まれる確率は50%ですので、産み分けにチャレンジすることで70%~80%の確率にアップするのなら試してみる価値は十分あるのではないでしょうか。
精子の性遺伝子の種類XとYという2種類があります。性行為後に卵子にたどり着くことができる男女別の性遺伝子をもつ精子をある程度コントロールすることで産み分けが可能になるのです。そのためには、女性の膣内が酸性かアルカリ性かという点と、卵子と受精するまでの生存という2つのポイントが重要になっていきます。そこで、産み分けについて具体的に述べます。

 

染色体の違いで男女が決まる

産み分け法
赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決定されます。卵子はX染色体のみをもっていますので、精子のもっている染色体が性別を決定するのです。精子に含まれる性染色体はX染色体とY染色体のどちらもあり、X染色体が卵子と結合すると女の子が生まれ、Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると男の子が生まれるのです。つまり、XX染色体となると女の子が、XY染色体となると男の子となるのです。しかし、Y精子は酸性に弱く、女性の膣内が酸性だと生き残って子宮までたどり着くことが難しくなります。そうするとX精子が生き残りやすくなって女の子が産まれやすくなるのです。
女性の膣内は雑菌の侵入を防ぐため、通常は酸性に保たれています。また、子宮内はアルカリ性に保たれています。しかし、排卵日が近づくと女性の膣内はアルカリ性に近づくといった特徴があります。このため、排卵日近くになると男の子が生まれやすくなるといえるのです。

 

排卵日を知ろう!

排卵日

排卵日を知るためには排卵検査薬を利用することがおすすめです。排卵検査薬を利用すると、確実に排卵日を予測することができます。排卵検査薬が陽性になった日から数えて1~2日後くらいが排卵日となります。

女の子が欲しい場合には膣内の酸性度が強くなる排卵日の2~3日前に夫婦生活を行うことがおすすめです。X精子はY精子に比べると寿命が比較的長いという特徴があるため、排卵日の2~3日前からでも生き残ることができるのです。そして、女性の膣内が酸性の状態のうちに精子を子宮に送ることができるように、できるだけ短時間で性行為を終えることも大切といえます。

また、女性が性行為時に満足するとアルカリ性の粘液が分泌されます。その場合、膣内が酸性からアルカリ性に近づいていきます。Y精子はX精子に比べると比較的寿命が短く、酸性に弱く、女性の膣内がアルカリ性に近づいている場合には男の子が生まれやすくなるといわれています。男の子を希望する場合には排卵日に女性を満足させる夫婦生活を送るといいとされています。

 

産み分けは排卵日と精子の量がポイントです

また、男性のY精子が酸に弱いという特性を利用して、子宮にX精子とY精子のどちらを多く送るかを調整することができます。男の子を産み分けるなら膣内の深い位置で、女の子を希望するなら膣内の浅い位置という体位を選んで男性に調整してもらいます。
また、女の子の産み分けをするために、排卵日の2日前にあっさりとした性行為を行ったとします。もしその後に性行為を行った場合には、排卵日に性行為を行ったということになりますので男の子が生まれる確率が高くなります。女の子の産み分けをしたい場合には事前に計画をたてておくという点も大切です。
また、男性の精子の量が増えるとY精子が卵子と受精する可能性がそれだけ高くなります。そのため、男の子を希望する場合には排卵日の数日前から禁欲して精子の量を増やすことがおすすめです。また、女性の膣内が酸性に近い場合には、酸性に弱いY精子は生きて子宮までたどり着くことが難しく、その結果X精子が受精しやすくなるため女の子が産まれやすくなります。そしてアルカリ性だと男の子が産まれやすくなります。

 

まとめ

神秘的な出産。でも赤ちゃんの性別も、科学的な根拠があるっていうのも納得しますね。確率は100パーセントではありませんが、チャレンジしてみるのは価値がありそうですね。
でも産み分けしたいと思っても、パートナーとの理解と協力が大切です。コミュニケーションを大事にし、同じモチベーションで向き合っていけることが何より重要です。

そしてもうひとつ忘れていけないことは、妊娠すること自体、簡単なことではないということ。産み分けをすると、妊娠確率はさらに低くなってしまいます。
しかし時間や心の余裕がないと、ストレスになってしまって、赤ちゃん自体を授かれない状態になってしまったら、本末転倒です。
パートナーとしっかり話し合い、スケジュールを立ててストレスにならない妊活をしましょう。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理不順?

生理不順になる2つの原因?子宮を柔らかくすれば解決

生理不順になる2つの原因には子宮が固くて経血が排出されにくいことと、子宮の血液がドロドロの状態になっているということが挙げられます。そのため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る