月経の乱れによって女性ホルモンの乱れがわかる

ホルモンバランス

女性ホルモンの分泌が乱れとは

女性ホルモンの分泌が乱れ始めると、身体の機能に様々な不具合が生じてきてしまいます。たとえば、めまいやふらつきなどといった自律神経系も症状や、夜なかなか眠れないといった辛い事態も招きかねません。
とはいえ、普段生活している上で、自分の身体の中の女性ホルモンのバランスが正常か否かを確認するというのは、なかなか難しくもあります。

しかし、ひとつの目安となるものが女性には存在します。月経です。いわゆる生理が正しい周期で自分に訪れているかどうかで、女性ホルモンの分泌の乱れを簡単にチェックすることが出来るのです。
得てして日頃から女性ホルモン関連によって体調に不安を変えている方は、生理周期がはっきり確定していないという場合が少なくありません。生理不順による悩みを同時に抱えておられる方が圧倒的に多いのです。それも無理はありません。月経はそもそも女性ホルモンが核となって生じる生理現象であり、きちんと女性ホルモンが体内で分泌され、機能していれば、およそ25日~38日とされる周期通りに生理出血が見られるものなのです。

 

生理の出血とは

ちなみに出血とはいいますが、生理の血は、本来的に我々の血管の中を流れているあの血液とは成分的に異なります。血のような形状をしているがゆえに、いわば慣例的に経血などという呼び名が付けられはしましたが、あれはそもそも子宮の内側の膜がはがれ落ちているのです。

なぜそのような現象が生じるのかといえば、まさに女性ホルモンの活躍によるもので、定期的に卵子を排出し、新しいそれを定着させるという働きに起因しています。つまり、正常に女性ホルモンが身体の中でしっかりと機能していれば、定期的に乱れなく月経は訪れ、女性としての体内のリセットを毎月行ってくれるものなのです。

しかし、ホルモンパランスが崩れると、そのリセットがなかなかうまく行かないようになります。場合によっては、いつもならばもうすでにリセット(つまり生理)が生じている段階に至っても、身体の方が反応を示さないということも間々あります。これが、いわゆる生理不順です。
すなわち、自身の月経の状態をきちんと把握しておけば、女性ホルモンのバランスや分泌、またそれが正常に働いているかどうかが、はっきりと自覚できることになります。

とはいえ、月経は25日~38日程度の周期に発生するものですが、もちろん個人差という差異は存在します。みんながみんな、25日後ぴったりに起こるものではないわけです。ですから、少しぐらいの生理の遅れや、早い出血などに対して過剰にナイーブなる必要はありません。けれども、あまりに頻繁に生理が起きる頻発月経や、いつまでたってもその兆候が現れない希発月経には注意を要する場合があります。いずれも女性ホルモンの働きが乱れている状態ですので、あまりにそれが酷いと感じた場合は、放置せず婦人科等の専門医を訪ねて診察を受けてみましょう。
月経異常に関しては、場合によっては2か月以上それが起こらないといった症状が見られることもあります。もちろん、妊娠していれば月経は来ませんが、そうでないのに生理が来ないというのは明らかな赤信号です。身体が女性ホルモンの乱れをあなた自身に対してアピールないし警告している証拠ですから、大したことは無いなどと甘く見て対処してはいけません。きちんとした専門医の指示のもと、女性ホルモンのバランスを整え、月経の異常を改善していかなければ、身体に大きな負担を強いてしまうことにもなります。
ともかくも、月経の乱れによって、女性ホルモンの乱れは比較的容易にわかります。おかしいなと感じたら、まずはそれを補正してゆく方向へと自身を傾けて行ってください。女性ホルモンを美容や健康における更なる味方とするためにも、適切な対応こそが肝要なのです。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理が遅れる理由

あなたの生理遅れていませんか?遅れる5つ理由と原因

生理は女性ホルモンでコントロールされている事、女性ホルモンを安定させるには食事や運動、ストレス、睡眠などの生活習慣を見直し改善する必要があり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る