生理周期が早いと頻発月経の恐れが!原因と治療法方法

頻発月経

 

生理が予想より早くきたというような経験がある女性も多いのではないでしょうか?
生理が遅れている場合もいろいろ不安がありますが、あまり早く生理が始まることも女性の体からしたらいい事ではないと言うことが出来ます。
ここでは生理周期が早くなる、もしくは短くなるという頻発月経に関して説明していきます。

 

生理周期が早い、短いというのはどのような状態?

閉経前の健康な女性で卵巣、子宮の機能などに異常が見られず、女性ホルモンが正しいバランスで分泌されている場合は生理というのは25日から38日の間と個人差がありますが大体一定の周期で始ります。ですが生理周期というモノは案外、体調や精神状況に左右されやすいもので、少し日程が早くなったり遅くなったりというのは誰にでもあります。例を挙げると生理周期が普段は30日の人が、26日で生理になったら「今回は生理が早い」と思うでしょう。ですが25日から38日周期での範囲内ならそれは正常であると言えます。そしてその次の生理で元の周期になれば一時的なモノだから心配する必要はないと言えます。
ですが生理周期が24日よりも早くきたのであれば、正常な生理周期の範囲外なので、24日以内が何度も続く様なら何か体に異常がある恐れがあるので対処が必要です。

生理

生理周期が早い、もしくは短くなる頻発月経?

生理周期が24日より短い人は、月経異常の一種である頻発月経だと言えます。生理周期が人より短いから生理が終わるとすぐに次の生理が来たといった感覚があるみたいです。周期が24日以下だから場合によっては月に2回生理がくるケースもあります。
普段は正常範囲内なのに、今回は早くて24日以下といった時には、1度で判断せずに次回まで様子を見るようにしましょう。24日以内が1回限りならストレス、体調不良といった一時的なモノが要因なのであまり心配しなくても大丈夫です。ですが24日以下の生理周期が何度も続くのであれば頻発月経を疑ってみて下さい。

 

頻発月経の症状はどんなものなのか?

頻発月経の場合は生理周期が早いとか短いといった事以外にも、生理周期が安定せず、卵子、子宮内膜がきちんと成熟していないから妊娠しにくいといった問題も出てきます。さらに不正出血が起こしやすいから生理期間は長くなります。通常の生理期間というのは大体1週間くらいですが、10日以上もずっと出血が続いたりするのです。

頻発月経の原因は大別して2つ挙げることが出来ます。
1つ目は卵巣の機能低下で、卵巣の働き自体が低下しているから本来くるはずの排卵が起こらない排卵障害になって、その事で生理周期が早くなるのです。状況によっては無排卵月経になっている恐れもあります。
2つ目はストレス、運動不足、バランスの悪い食事、睡眠不足といった生活習慣によってホルモンバランスが乱れている事です。生理周期の前半に該当する卵胞期というのは卵巣内の卵胞が女性ホルモンの作用により成長しますが、ホルモンバランスが乱れると細胞が成長する為の時間が短くなって生理周期に影響を与えます。

その他にも黄体機能不全の人は生理周期の後半に該当する黄体期が短くなると言えます。
また更年期障害の場合も生理周期が短いと言えます。ですが更年期障害の場合は初潮から時間が経過し卵巣、子宮の機能が発達した成人女性に該当します。10代の女性の場合は卵巣、子宮の機能がきちんと成熟していないので生理周期が不安定になることとが多く原因が違います。

頻発月経2

頻発月経の治療法について

生理周期が24日以下の場合でも、大体毎回生理の日数が同じなら体質的な問題と言えるでしょう。ですが周期によって日数の変動が大きい、もしくは不正出血が10日以上継続しているような状態なら出来るだけ早く病院を行くようにして下さい。ホルモン剤の投与によって生理周期を正しくする必要があるのです。低用量ピルなどの治療方法も存在しますが、服用中は妊娠しないので妊娠を希望している人は医師にその旨を伝えて下さい。

頻発月経で1番問題となるのが卵巣の機能低下により無排卵になるケースです。3周期以上無排卵となると、後から自力で排卵することが出来なくなります。だから放置せずに病院に行って下さい。排卵誘発剤を投与し卵胞の成長、排卵を促すといった治療を早くに始めることが重要だと言えます。
頻発月経とは

 

 

生理周期が早い、短い場合の予防法を説明

生理が早い原因がストレス、生活習慣の乱れの場合は、健康的な生活習慣に改めることで生理周期を元に戻すことが出来ます。
半身浴をする、ストレッチをする、温かい食事やドリンクを摂取して冷えを予防することも効果があります。厳しい食事制限のあるダイエットをしたり、毎日夜更かしするのは止めてリラックする余裕を持ちストレス解消に努めて下さい。
排卵障害、ホルモンバランスの乱れが原因なら放置期間が長くなれば治療にも時間が必要となります。2回続けて生理周期が24日以下なら病院に足を運んでみて下さい。

 

基礎体温を測定し早期発見

毎朝基礎体温を測定することで、排卵の有無、ホルモンバランスの状態を知ることが出来ます。生理周期の異常を早めに発見する為に基礎体温を測り、しておきましょう。

基礎体温グラフを記載し低温期高温期との区別がなく、平坦な形、ガタガタな形なら無排卵の恐れがあるのです。さらに低温期か高温期が平均と比較し短い場合はホルモンバランスが乱れていると言えます。基礎体温表を病院に持っていって見せると医師もスムーズに状態を知ることが出来るので適切な治療をする事が出来ます。それが基礎体温を測定する利点です。

 

基礎体温でわかる体の変化

生理周期が早い時や短い場合は生活リズムを整える

女性の場合生理周期というのは健康のバロメーターと言うことが出来ます。
生理周期が早いとか短いと思ったら、体のSOSと認識して下さい。体の異変を知る為に日頃から自身の体調に気をつけて、基礎体温を測定するといった風に健康状態を理解し定期的に生活リズムを見直す事を心がけて下さい。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

子宮内膜症について

生理痛との関係は?子宮内膜症を知ろう

体からのサインを見逃さないで!自分の体と向き合おう 「また今月も憂鬱な生理が来てしまった…」と感じてしまいますよね。 なぜ生理は憂鬱…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る