不妊の原因にも?卵巣炎の原因と早期発見について

卵巣炎

卵巣炎は細菌やウイルス感染が原因で起こります。細菌にはブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などの他、クラミジアや淋菌といった性感染症病原微生物、外科的手術や出産なども卵巣炎の原因といわれます。
その症状は急性期、亜急性期、慢性期によって変化し、不妊症になることもあります。早めに婦人科で診てもらうことが重要です。

 

 

卵巣の炎症である卵巣炎について知ろう

女性の器官の中で、最も炎症を起こしやすいのが卵管といわれています。
卵管は細菌に対する抵抗性が非常に弱く、炎症が起こしやすいのです。卵巣炎は細菌やウイルス感染が原因で起こります。感染すると卵巣が炎症を起こした状態になります。
卵巣炎卵巣だけの炎症であることはあまりなく膣や子宮などの炎症が広がることで最終的に卵巣炎につながると考えられています。そのため、卵巣炎が起きている時は、その周りの卵管に炎症があることがあり、それらの炎症は子宮付属器炎と呼ばれることもあります。
基本的に卵巣自体は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状が現れにくい器官です。しかし、卵巣炎になると、卵巣周辺の器官が一緒に炎症を起こしていることが多く、自覚症状がはっきり現れます。

卵巣炎

 

卵巣炎の原因と症状について知ろう

卵巣炎の原因細菌ウイルスといわれています。
細菌にはブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、淋菌、嫌気性菌の他、クラミジアや淋菌といった性感染症(STD)病原微生物が原因となっているといわれます。STD感染腟や子宮の粘膜に沿って卵管に感染する場合がほとんどです。
また、人工妊娠中絶流産、出産なども卵管に細菌が入り込む原因になります。性感染症によって膣から子宮と炎症が広がって卵巣に炎症が起こることもあれば、避妊器具やナプキンやタンポンなどの生理用品を長時間使用したことで細菌が増殖して卵巣へとつながる場合もあります。

その症状は急性期、亜急性期、慢性期によって変化していきます。
卵巣炎になると急性期に激しい下腹部痛が現れ、40度以上の熱がでたりします。吐き気なども見られることがあります。亜急性期になると熱は落ち着いてきて、下腹部痛も軽くなります。
しかし、自覚症状は感じられませんが卵巣の腫れはまだ続いており、他の器官と癒着する危険性がありますので、治ったと思って安心せずに、病院にきちんと行きましょう。慢性期に移行すると熱や痛みはほとんど感じられなくなります。しかし、下腹部では卵巣は周辺の器官と癒着してるために、腹痛や腰痛、倦怠感などの症状が長引くのです。慢性化すると周囲の器官と癒着したり、卵管自体が狭くなった塞がるなどして不妊症の原因になったりします。

 

卵巣炎の治療法と受診のタイミング

下腹部痛

急性期の卵巣炎は突然の発熱と強い下腹部痛が確認できます。
また、膿性のおりものがみられることもあり、このような症状があればすぐに婦人科を受診します。治療については急性期と亜急性期は安静と抗菌薬の投薬を行っていきます。
炎症が強いと卵管口がふさがり炎症性の滲出液が卵管にたまってきます。卵管に膿がたまった状態が卵管留膿腫、そしてこの状態が一旦治癒し水様性の液が卵管にたまると卵管留水腫と呼ばれるようになります。
慢性期になると下腹部の鈍痛や月経痛などの卵管や卵巣の癒着によって引き起こされる症状が出現してきます。治療は抗生物質と消炎薬を使用しますが、症状が続き、腫瘤の縮小が認められない場合には手術が必要になります。
卵管留膿腫や卵巣膿瘍になると、ある程度症状が消失した後、卵管留膿腫や卵巣膿瘍の摘出を行います。そして、急性発症した強い症状があるものや、慢性的な卵巣炎の中には、卵管や卵巣を摘出しなければならないものもあります。

 

卵巣炎は不妊の原因になることもある

つらい女性

卵巣炎は周囲の組織に癒着を起こしたり卵管口をふさぐことがあり不妊症の原因になることがよくあります。
内視鏡的手術によって改善を図る治療を行った場合でも、癒着や閉鎖が再び起こるリスクもあります。

卵巣炎の不妊症は、卵巣の炎症自体に起因するというよりも、卵巣の炎症によって周辺の器官と卵管が癒着したり、卵管が塞がれることが原因となって不妊症になる場合が多いのです。
しかし、卵巣や卵管は左右に1つずつあるため、一方が炎症を起こしてももう一方が機能していれば妊娠出産は可能です。卵巣炎を放置しておくと子宮外妊娠のリスクが高まるため、できるだけ早く治療を始めなければなりません。

 

卵巣炎と早期発見の大切さについて

早めの受診

卵巣炎は急性期にきちんと治療を行うことが大切です。
抗生物質や消炎剤などの薬で炎症を鎮め、慢性化してしまって腹痛などが残らないように治療します。しかし、慢性期に移行してしまった場合には、炎症部分を手術などで切開して膿を取るといった外科的処置が必要になることもあります。
急性期の症状があまりひどくなければ病院に行かない人もいるかもしれませんが、卵巣炎を放置しておくと不妊につながる可能性もあるため、少しでも違和感があるときは早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。また、これから妊活を考えている場合には、定期的に婦人科で子宮や卵巣などの検査を受けるようにして卵巣などに異常がないかどうかを確認するようにしましょう。
少しでも違和感があるときは早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。

 

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

女性ホルモンを増やして元気

女性ホルモンの分泌を促進させる為の9つ方法

女性は誰だっていつまでも若々しくいたいと思うし、キレイになりたいと望むものです。 その為に絶対に必要なのが女性ホルモンのバランスを整えるこ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る