排卵障害って知ってますか?その原因と治療法について

ホルモンバランス

女性不妊のの約3割を占めるといわれる排卵障害。月に1度卵巣から卵子が排出される「排卵」が何らかの原因によりうまくいかない症状です。原因には、心因性によるものと内分泌性によるものの大きく2つが考えられています。原因の種類によって適切な治療を行うことが、排卵障害を改善するために大切です。

 

排卵がうまくいかない排卵障害とは?

月経周期に1度、脳下垂体のホルモンが分泌され、1個の卵胞が成長・成熟し、卵胞が直径2cmになると、卵子が卵膜を破り、卵巣の外に排出される事を「排卵」と言います。
排卵障害とは、何らかの原因によってこの排卵がうまく行われない症状の事です。
排卵障害になる要因は、はっきりと解明されていませんが、ほとんどが、「ホルモン」に関与していると言われています。一般的によく耳にする、無月経(排卵が全く行われない)や、生理不順(月経周期の乱れ)も排卵障害の1つです。また、原因としては、大きく2つに分けることができます。
ストレスなど心因性によるものと、ホルモンの分泌異常や卵巣機能の低下などによる内分泌性のものです。
心因性によるものの原因としては、日常生活における過度な圧力や、極度の緊張状態、ダイエットや不規則な生活などがあります。このような原因から、ホルモンバランスが崩れ、排卵が起こらない、月経不順などの排卵障害が引き起こされます。

落ち込む女性

排卵障害の原因と種類

例えば、強度のストレス無理なダイエットが原因で、体重が大きく減少すると、生理不順が起き、放っておくと無排卵となることもあります。体重と排卵は関係が深く、適度な体重を維持することが大切です。内分泌性によるものの原因も様々です。
妊娠のメカニズムは、視床下部と脳下垂体と卵巣の間で、ホルモンを運ぶことによって成り立ちます。その間でホルモンが少なすぎる、または多すぎるとバランスを崩し、排卵障害を引き起こします。内分泌性の異常によるものには、様々な症状があります。

  1. 高プロラクチン血症」は、出産後に母乳を出すように促すホルモン「プラクチン」が、出産していないのに、過剰に分泌されてしまい、生理が止まったり排卵がなくなったりする症状です。
  2. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」は、卵巣の表面に成熟しきっていない卵胞がたくさんあり、排卵できない病気です。男性ホルモンの分泌が多く、卵巣の表面が固くなることで排卵できないこともあります。黄体形成ホルモンの分泌量が多いことが原因とされています。
  3. 黄体化非破裂卵胞症候群」は、排卵していない状態で、卵子の中に黄体が形成され、黄体ホルモンとなってしまう状態で、子宮内膜症を引き起こす原因にもなります。
  4. 早期卵巣不全」は、、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの分泌が不十分で、卵胞が育たず、排卵できない状態や、卵胞の減少や放射線、化学療法などが原因で、一般的に約50歳で閉経するのに対し、40歳以前で月経が無くなることがあります。

他にも、肥満の方は、肥大化した内臓脂肪が原因で、ホルモンバランスが崩れ、排卵障害が起こることがあります。

排卵

 

排卵障害を知る方法

排卵障害を知る方法としては、まず基礎体温を図ることが上げられ、これは自宅でも可能です。
正常に排卵され、月経が起こっている場合、基礎体温は、排卵日を境目に高温期低温期の2相性となっています。生理不順になっていると、基礎体温の2相性がなく、1相性になっていることが多いです。しかし、これだけで排卵障害の有無を判断するには不十分です。病院できちんとした検査を行うことが、排卵障害の早期発見となります。
病院での検査には、ホルモン値の調べる血液検査や経膣エコーによる、卵巣や卵胞の検査などがあります。様々な検査から総合的に判断してもらい、どの種類の排卵障害なのかを知ることが大切です。治療方法も様々ですが、排卵誘発剤を投与してもらうことがほとんどです。排卵誘発剤は、月経周期の5日目から5日間服用し、卵胞を成長させます。
排卵誘発剤には、クロミフェンという飲み薬やhMG-hCGという注射薬などがあります。クロミフェンは、経口の排卵誘発剤の総合的な名前です。一般的によく処方されるのは、「クロミッド」という商品名の薬です。他にも、セロフェンやオリフェン、フェミロンなど商品名は様々ですが、効果は全て同様です。クロミフェンの服用で、ほとんどの方は、排卵が起こるようになります。重度の排卵障害を持っている方は、hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)という強力な排卵誘発法が治療方法として選択されます。卵胞期の排卵前にhMG注射し、卵胞を育て、卵胞が成長すると、hCG注射して卵子を排卵させる治療法です。心因性によるものは、生活習慣を改善し、無理なダイエットや不健康な食事を改善したり、ストレスの軽減など精神的なケアも必要な場合があります。高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群、黄体化非破裂卵胞症候群は、治療に有効な薬を特別に処方してもらう必要があります。

基礎体温でわかる体の変化

まとめ

排卵障害は、原因も治療方法も様々で、未だに解明されていない点も多いです。また、生理不順などは、体の調子や気分にも左右することがあります。しかし、放置しておくとさらに重度な病気を併発する可能性があるタイプもあります。その為、少しでも気になることがある場合は、一度専門家である医師に診てもらうことが大切です。
不安の解消になることはもちろん、自分の体を大切にするだけでなく、未来に生まれてくる子供の為にも、適切な検査を行うことが大切です。また、一度検査しただけでは、分からない、発見されない症状もある為、定期的な検査を行い、自分の体の状態をより正しく把握しすることが大切です。そして、医師の診断のもと、適切な治療を行うことが排卵障害を改善する為に必要不可欠です。

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

生理不順?

生理不順になる2つの原因?子宮を柔らかくすれば解決

生理不順になる2つの原因には子宮が固くて経血が排出されにくいことと、子宮の血液がドロドロの状態になっているということが挙げられます。そのため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る