あなたの生理遅れていませんか?遅れる5つ理由と原因

生理が遅れる理由

生理は女性ホルモンでコントロールされている事、女性ホルモンを安定させるには食事や運動、ストレス、睡眠などの生活習慣を見直し改善する必要があります。さらには通常の生理周期と生理遅れの期間と回復に関する説明。生理周期の遅れの原因として妊娠の可能性、生理周期と体温の関係と病気の可能性について説明しています。

 

生理周期の遅れと女性ホルモンの関係、改善方法

生理周期に遅れが発生する原因にはいろいろな要因が挙げられますが、その原因により対処方法も違ってきます。

生理はなぜコントロールされているのか?

女性ホルモンは生理周期に作用しています。その他にも要因があり、いろいろなメカニズにより毎月定期的に生理がくるように体が出来ているのです。
生理遅れは女性ホルモンと深い関係があり、女性ホルモンには黄体ホルモン卵胞ホルモンが存在し、この2つの女性ホルモンが生理をコントロールしていると言えます。
生理というのは女性ホルモンが急激に減少することにより起こります。黄体ホルモンの作用としては受精卵を育てる組織を維持する事で、卵胞ホルモンが卵子を育てる子宮内膜を分厚する働きがあります。2つの女性ホルモンの作用により卵子は成長し排卵が行われ、いつでも受精して胎児が育つ事が出来る環境が整えられています。ですから、女性ホルモンの活動が乱れれば生理遅れが発生してしまうので、しっかりとコントロールする必要があると言えます。

経血

生理が遅れるというのはどういうこと?

生理が来ないと楽だと考えていませんか。生理が来なくて悩んでいる女性は増えています。
確かに生理が来ないから楽だと思う気持ちはわかりますが、その考え方はある意味、危険です。
生理が来ないのは卵巣機能が低下している可能性があるからです。楽だからと放置してしまうと後からたいへんなことになってしまいます。また、生理が来ない理由は排卵がされていないからです。そして、排卵がされていないということは妊娠できないということです。不妊症で悩む人は多くいます。将来、不妊症で悩まないためにも、生理が来ない場合にはきちんと対策をとるようにしましょう。
次のような原因があると生理がきません。例えば、妊娠したという場合や排卵していないという場合、卵巣の機能低下が起こっている場合や、ホルモンバランスが乱れている場合などです。その他にも、脳の機能の低下(視床下部などの機能低下や異常)や薬の副作用、そして甲状腺ホルモンの乱れなども生理が来ない原因になります。つまり、生理が来ないのは妊娠だけが原因ではないのです。

生理が遅れる

生理が来ない原因についてくわしく知ろう!

卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌が低下します。
女性ホルモンの分泌量が低下するということはホルモンバランスが乱れるということです。そして、排卵が止まることがあるのです。
たとえ、卵巣機能が正常になっていても、脳機能が低下すると卵巣に伝える信号がきちんと伝わらずに女性ホルモンが分泌されないことがあります。このことは視床下部などの脳機能の低下によっておこります。
では、なぜ脳機能低下が起こるのでしょうか。それはストレスなどで視床下部にダメージが起こるからです。視床下部にダメージがあると脳は卵巣に指令を出せなくなり、女性ホルモン分泌量が低下し、同時に卵巣機能も低下した時と同じ状態になります。
過度なダイエットを行うとストレスがたまります。そのストレスが間脳視床下部に大きなダメージとなります。そこで、このような女性ホルモン低下を起こさないために、視床下部にストレスを与えないことが大切です。そのため、過度なダイエットは行わないようにしましょう。
また、薬の影響で生理が来なくなることも挙げられています。例えば、胃薬や精神安定剤のプロラクチンは母乳を作るホルモンの分泌を過剰にするという副作用があります。プロラクチンの過剰分泌が起こると結果的に排卵が止められてしまいます。そのため、生理が来なくなるのです。そして、甲状腺ホルモンは分泌バランスが崩れると卵巣の働きを阻害することが分かっており、生理が来なくなることがありますので注意が必要です。

悩む女の子

 

生理が遅れる原因にはどんなことがあるの?

閉経前の健康な女性で、卵巣や子宮に機能状の問題がなく、女性ホルモンの分泌バランスもとれている場合には、通常25日から38日の間でほぼ一定周期で生理が発生するようになっています。
毎月同じ周期で生理が来ている人もいれば、数日くらいは早まったり遅れたりする人もいます。しかし、通常25日から38日の間でほぼ一定周期で生理が来るのです。その場合、もし生理開始予定日を1週間以上過ぎても生理が来ない場合は、生理が遅れていると判断することができます。
このように、生理が遅れる場合にはその原因は大きく分けると5つほど挙げられます。

  1. 妊娠ということです。妊娠すれば生理は来なくなりますので1週間以上遅れるのです。前回の生理から生理予定日までの間に一度でも性交渉があれば、例え避妊をしていたとしても妊娠している可能性は全くないとは言えないのです。
  2. ホルモンバランスに乱れがあると生理は遅れます。その理由は、生理周期をコントロールするエストロゲンとよばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンとよばれる黄体ホルモンの2つの女性ホルモンのバランスが崩れることで、生理周期に乱れが生じ、結果的に生理が遅れることがあるのです。ストレスや生活環境変化などがあると知らないうちに影響を受けている可能性があります。
  3. 薬を飲んでいると薬の副作用で女性ホルモンの分泌量が変化してしまって生理が遅れる場合があります。
  4. 子宮や卵巣の病気などがあると、生理周期が乱れる場合があります。自覚症状がないものもあって、早めに病院を受診することが大切です。
  5. 年齢を重ね、閉経すると生理が止まります。たとえ20代や30代の女性でも、ストレスダイエットなどが原因で早期閉経を起こして生理が遅れる人もいるのです。

 

困っている女性

 

生理遅れと病気の可能性は?

生理が来ない場合や遅れている場合には、前回の生理と生理予定日の間に1度でも性交渉をしたことがあれば妊娠の可能性がありますので、まずは妊娠検査薬を用いて検査します。陽性か陰性かを確認し、もしも陽性反応が出たらできるだけ早めに産婦人科を受診し、医師に妊娠しているかどうかを確認してもらってください。
上記の期間に性交渉を行っていない場合や、妊娠検査薬で陰性反応が出た場合は、28日周期なのに1週間から10日以上遅れていたり、2週間以上生理がきていないといった場合には他の原因が考えられます。
生理が遅れるだけではなく激しい腹痛発熱嘔吐不正出血といった症状がある場合は出来るだけ早く病院に行くようにしましょう。子宮周辺の病気は早期治療が何より重要となります。生理遅れ限定ではなく、普段の生理の症状とは異なる症状が出ている場合、生理が来てないのに生理痛のような症状が出ている時にも我慢するのではなく病院で診察をして下さい。炎症病気を放置すると悪化したり、妊娠しにくい体になる可能性があるので気をつけて下さい。


婦人科受診

 

この記事が少しでもお役にたったら、
Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

子宮内膜症について

生理痛との関係は?子宮内膜症を知ろう

体からのサインを見逃さないで!自分の体と向き合おう 「また今月も憂鬱な生理が来てしまった…」と感じてしまいますよね。 なぜ生理は憂鬱…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る